夏目漱石

読書の時間

夏目漱石『それから』で想像するニートのそれから

大学を出たあと働かず実家からの仕送りで優雅に生活をする知識豊かな男性。どれだけ知的かっていえば、あの時代に洋書を原文で読めちゃうような人。エリート中のエリートなのでしょうが、生活のための仕事は低俗だと30歳までニート生活を続けていたのです。
2019.06.13