手相師Kのひとりごと

手相鑑定では手の傷やほくろ、色艶で運気の良し悪しも観よう

手相鑑定するとき、手の傷や色艶など全体を観ます。線だけ観ている訳じゃありません。いい手相線でも手荒れでカサカサしていたり、血色が悪かったり、傷があったりすると本来持っている素質が減退する良くない運気、どんより運気か停滞していると読みます。
2019.05.24