運命線一覧

強い運命線が出るのも良し悪し

運命線は人生のシナリオ。運命線を見ることでどんな人生を歩むのかがだいたい分かります。運命線は中指の下に伸びていくもので、古い考え方であれば、手首側からまっすぐ伸びるのが吉とされています。しかし・・・。人それぞれ何が幸せかわ違ってくるように、どんな運命線が良いのかは、基本的のその人の価値観によって変わってくるのではないでしょうか。

豊臣秀吉の手相は老害?『天下筋』の運命線

一節では、手相に詳しい秀吉が自ら刀で線を伸ばしたと言われています。豊臣秀吉はますかけ線でも有名ですが、この長すぎる運命線はそれ以上に目を引きますね。同じくますかけ線を持つ徳川家康との違いとして、この運命線が挙げられます。死ぬまでトップの座を譲らなかった秀吉と、やっと手に入れた将軍職を2年2ヶ月で息子に譲り、死の前の10年ほどは隠居生活を送った家康。お家が長く存続できた違いはその辺にあるのでしょうか。

運命線が薄い人の手相の解釈

運命線が薄かったり、なかったりする人は、まだ人生の方向を決めていない子どもや学生さん、自力で人生を切り拓く必要がない、夫に養ってもらえる専業主婦さんなど。

独立したファイナンシャルプランナー(FP)

仏眼相を持つ人は悪いことができず、人徳があるので顧客から信頼される人。記憶力が良かったり、人を見る目があったりします。ほかにも見えない世界を感じるスピリッチュアル系の人だったり。ただし、仏眼相を持つ全員が上記の能力を持つわけではありません。その人に必要な能力が与えられている、って感じでしょうか。