知能線(頭脳線)

知能線(頭脳線)

知能線の応用編-3~いろいろな知能線

知能線の応用編第3回目は、いろいろな知能線をご紹介します。・組織に向かない知能線・優柔不断になりがちな知能線・ネガティブになりがちな知能線・現実的思考と空想力とを兼ねそなえた知能線・言葉のセンスが光る知能線
2019.05.16
知能線(頭脳線)

語学が得意な3つの手相

知能線は知識を表す線。翻訳とか通訳レベルの人にみられますが、図のように知能線にいくつか支線が出ていますね。翻訳・通訳レベルになると、ただ語学ができるだけじゃなく、専門的な分野で日本語-外国語に置き換えができるほどの知性が必要だからでしょう。
2019.05.20
生命線

二重生命線?二重知能線?はたまた運命線?見分けが難しい手相たち

個性的な手相を読み解くのは、難しい謎解きやパズルにチャレンジしているようなもの。手相師の腕の見せ所といった感じでスリリングで楽しい一時でした。最初その手相を目の前にしたときは「どっちだろう?」と思っても難しいパズルが解けたときのすっきり感。
2019.10.15
離れ型知能線

離れ型知能線+旅行線=海外向きの手相

海外向きの手相というものがあります。私は海外在住なのでこの種の手相によくお目にかかるのですが、海外向きな手相を持つ方にお会いすると、やっぱりこの人は海外に出るべき人だったと納得。海外向きの手相とは『離れ型知能線』と『旅行線』の2線です。
2019.05.24
知能線(頭脳線)

不労所得を得られる人の手相とは?

長期投資に向く知能線と同じく、短期投資に向く知能線の形もなかなか見かけません。だからこそ、実際に投資で勝てる人が少ないのは当然と言えば当然、と言えるでしょうね。
2019.05.24
離れ型知能線

要注意!離婚しやすい7つの手相

二重感情線は人の二倍の感情、つまり情熱を表します。燃えさかる炎を心に灯している情熱的な人なので、その炎をどこに向けるかが重要になります。結婚生活がマンネリ化して、情熱を燃やせる相手を探してしまうと、離婚しやすくなってしまいます。
2019.05.26
離れ型知能線

理不尽な世界を生きるオタク~ハンジの手相#進撃の巨人

巨人オタクなハンジには土星丘を盛り上げることでオタク要素をつけ足してみました。土星丘は勤勉、努力、思慮深さ、抑制心、忍耐力を表します。巨人のことだと気持ちを抑えるのに苦労してますが、ほかの面では感情を抑えているので、その点も土星丘のパワー。
2019.05.16
離れ型知能線

自由を求める3つの手相~離れ型知能線、ビア・ラシビア、旅行線

離れ型知能線は常に何かをすることに喜びを感じる行動の人。一般的な常識には囚われず、自分の感性にあった新しい何かを求める傾向があります。KY線などとも呼ばれていますが、実はちゃんと空気を読んで周りに合わせる能力も持ってます。
2019.06.11
離れ型知能線

団体行動が苦痛な手相~ビア・ラシビア、離れ型知能線、土星環

自由を愛する浮雲のようなビア・ラシビア。薄く出ているくらいならある程度、合わせて行動できるでしょうが、それでも拘束されるのが嫌いなタイプなので団体行動は不向き。無理に合わせていても本人が息苦しくなるはず。自由のために手に職をつけ団体行動をしなくてもよい状況を作ってください。
2019.05.17
離れ型知能線

外資系企業に就職・転職したい人におすすめ~採用基準

本書で興味深かかったのは、マッキンゼーが実際に求めている人材と世間が思う「マッキンゼーに入れる人材」とにズレがあること。世間では、外資系コンサルタントファームが求めるのは、「地頭が良い人」「高学歴な人」「分析力がある人」だと思われています。
2019.06.12