手相師Kのひとりごと

恋愛&結婚生活

50歳前後の危機~不倫の最大の代償

個人的に私が思う不倫の最大の代償とは、社会的地位を失うことでも、多額の慰謝料請求でもなく、誰かから大きな怨みを買ってしまうことだと考えています。私自身不倫経験がないので、勉強のために不倫した人たちの話を聞いたり読んだりしているの
2019.05.24
手相師Kのひとりごと

小室哲哉さんの才能の枯渇?!家庭向きでない天命を持つ人

音楽を作ることが小室哲哉さんの天命で、元カノとか奥さんとか、周りの女性は大変かも。たぶん小室さんのことを恨んでいる女性は少なからずいる気がします。彼はご自分の力を音楽にぶつけることが天命。配偶者を幸せにすることまで気が回らないんじゃないかな
2019.05.24
手相師Kのひとりごと

賞賛されつつも過酷な人生と、平凡ながら幸せな人生

巷でラッキーMと呼ばれてているバランスの取れた幸せを掴む手相です。ミラクルMという人もいますが、特別なレア手相ではありません。ラッキーMの人って少なくないんです。
2019.05.24
手相師Kのひとりごと

本物の夢、無理に作られた夢

新卒で就活している人にも少なくないですが、第二の人生が目の前に迫った50代ごろや、現職を退職して次の仕事を探さなくちゃいけない状態のとき「これまで仕方なく仕事をやっていたが、自分を活かすような仕事に就きたい」
2019.05.24
手相師Kのひとりごと

手相師にも解決できないこと

まったく振り向いてくれない彼の心を振り向かせる方法。彼の心を振り向かせる方法と言っても、相手の心を変えることは誰にもできないので、ご自分を魅力的に変えることくらいしかアドバイスできません。
2019.05.24
手相師Kのひとりごと

人それぞれ違う『幸せの定義』~幸せですか?とのご質問に答える

手相鑑定でよく質問されるのが、「私、幸せになれますか?」というもの。そういう質問には質問を返すことになります。「あなたにとっての幸せって何ですか?」と。でもこの質問、さっと答えられる人ってそんなに多くないかもしれませんね。
2019.05.27
手相師Kのひとりごと

手相に出る、若い時の苦労は買ってでもせよ

「若い時の苦労は買ってでもせよ」の正しさは、手相を観れば一目瞭然。若いうちにやるべきことから逃げてた人はほぼ確実に苦労します。いわゆるニートの人は、晩年、かなり苦労する運命線になりますし、お母さん業も手を抜くところを間違えると寂しそうな晩年
2019.05.24
手相師Kのひとりごと

人生はやり直せるのか?40代がゼロから新しい世界に飛び込むのは

『人生いつでもやり直せる』という言葉。今の人生に満足できなかったり、失敗してどん底で苦しんでいる人にとっては、救いの言葉になるはず。ただ、やり直すには相当のパワーが必要。それに、やり直せることとやり直せないことがあるはずです。親子関係もそう。
2019.05.30
手相師Kのひとりごと

【読者の方からのご感想】もののけ姫~アシタカの手相

アシタカの手相に関しては想像しやすかったとおっしゃっていて、納得しました。ソロモン環に神秘十字。宿命を背負ったヒーローの手相はやはり強いですね。『もののけ姫』の主題は森と人の共生。
2019.05.24
手相師Kのひとりごと

手相にでる甘い物の食べ過ぎ注意

島が線上に現れると線の停滞を表すことが多いです。生命線の後半に出る島は晩年のスランプという手相師さんもいますが、生活習慣がもたらす不調の可能性が高いです。甘い物&過食が過ぎるとハッキリしてきて、節制すると薄くなります。
2019.05.22