手相師Kのひとりごと

手相師Kのひとりごと

女性の更年期&男性の更年期と手相の話を少し

更年期の手相は、元気のない手相になっていることが多いですよ。まず主要線がいままでよりぼやけます。ほかに全体的に薄い線が手全体に出ているか、生命線に島(アイランド)が出ているはず。そのほか手の色艶が悪くなっていることもありますよ。
2019.05.22
手相師Kのひとりごと

ボヘミアンラプソディー観てきました

遅まきながら『ボヘミアン・ラプソディ』を観てきました。伝説の英国バンド・クイ...
2019.05.22
手相師Kのひとりごと

物事の見方、捉え方が人生を左右する

もしも「ずっとず~っと運が悪いままだなー」と思うなら、運のせいだけじゃないかもしれませんよ。キツイ事を書いて申し訳ないけれど、あなたの物事の見方や捉え方が、人生を悪い方へ運んでいるかもしれないと立ち止まって考えてみることをお勧めします。 
2019.05.20
手相師Kのひとりごと

海外移住のためにお金を貯めるために私がしたこと

正社員でもなく最低賃金の低い地方で一人暮らし。水商売NGでお金を貯めるには不利な条件でしたが最終的に100万円に少し届かない額で移住に踏み切りました。前向きな行動に幸運は味方する。この経験から、体脂肪率19%の身体とやればできる!という自信。
2019.05.19
手相師Kのひとりごと

お金持ちは本当にお金を大切に扱うか?

金運は気になるね 何度か書いていますが、やっぱり何だかんだ言って『金運』って気...
2019.05.20
手相師Kのひとりごと

忍耐力と愛の技術~第二火星丘からのぼる運命線と太陽線

忍耐力で運命を切り拓く人には第二火星丘から昇る運命線がでています。粘り強さが人一倍ある人ですよ。黄色の第二火星丘から出発して、中指の下に向かっている線ですが、線がはっきり長ければその努力は大きいことを表し、逆だと頑張ってはいるけどまだまだ。
2019.05.20
手相師Kのひとりごと

褒めて育てる育児

「褒めて育てる育児」とは、欧米から入ってきた育児・教育方で、日本では90年代に紹介され「体罰がある教育」を受けていた親世代がその反動から支持したのだとか。
2019.05.23
手相師Kのひとりごと

自己肯定感を高める方法

手相鑑定をしていると、自己肯定感が低いために、本来の能力が発揮できず残念な状態の人って、少なくありません。ホント、残念
2019.05.22
手相師Kのひとりごと

運を上げる!ちょっとした2つの行動

人生山あり谷ありなので運の上り下がりは致し方ないのですが、運が上がる直前に2つのことを取り入れたので、それが功を奏したのかもしれません。
2019.06.20
手相師Kのひとりごと

手相鑑定の評判と、お受けできない人

わたくしミセスKは、メールと対面とで手相鑑定をしております。基本皆さん優しい方が多いからか、手相鑑定後のご感想をお聞きすると、「優しいお言葉ありがとうございます」と言ってくださる方が少なくないです。
2019.05.22