てそうし

手相師Kのひとりごと

子育ては難しい!?悩みながら出した手相師の教育方針

親がやるべきことは、子供達が安心して学べる環境を作ることだと思います。幼稚園も小学校も、最初の学校とは合わなかったので、早いうちに転校させましたが、 2校目はどちらも彼らに合ってたらしく、いじめや仲間外れにされず友達と仲良く過ごせ、落ち着いて勉強できたこともあり 、塾なしで中学受験しました。
手相師Kのひとりごと

強力なリーダーシップで平和を導く~ナウシカの手相#風の谷のナウシカ

ナウシカの一番スゴイところが彼女のリーダーシップ。まだ16歳という若さで自分のホームタウンである谷の人々だけでなく疑心暗鬼になっている相手や敵国の相手までも導くリーダーシップ。ナウシカの人差し指のつけ根にはソロモン環がくっきり出ているはず。
手相師Kのひとりごと

自分が悲しい子供時代を送ったなら、自分の子供を悲しませない

親から虐待やネグレストを受けた人が自分も自分の子に同じことをするという話を聞くけれど、それはムチャクチャ悲しいこと。そういう事件をきくこともあって「親の愛情を知らないから、自分の子を愛せるか心配です」ってことを仰る方がいるけれど信頼できる
ラッキーM(M型)

ラッキーMの嘘ホント?!手の平がM型になってる手相の秘密

ネット上で公開されているラッキーMをいくつか拝見したところ、残念ながら私ならM型とは判断しない手相の方が少なからずいました。ラッキーMは特別珍しい手相ではないけれど、条件から外れてもラッキーMだと思い込んでる人がいるようなのです。
手の丘

水星丘と月丘のコミュニケーション能力は意味が微妙に違います

水星丘はビジネスセンスに結びつく頭脳の明晰さ、交渉力、ビジネスマインド、言葉の使い方といった実業界で役に立つ能力を表し、財運を観る場所として外せません。具体的には顧客に商品説明、取引先と価格交渉“ビジネスシーンで必要なコミュニケーション”
おすすめの本

2019年5月の読書日記~手相書を再読中です

5月に読んだ手相本 久しぶりに手相書を読み返しています。 ...
手相師Kのひとりごと

なぜ『ハウルの動く城』ソフィーが人差し指に指輪をはめたのか?

社交的な母や妹と違って地味で内向的、私なんて無理よと思い込んでいたソフィー。そんな彼女がおばあちゃんとなった荒れ地の魔女やヒンを守るため、マルクル達が待つ家へ帰るときに人差し指のリンクが導いてくれたというのは、手相学的にみて当然と言えば当然。
手相師Kのひとりごと

何かを手放し、前向きに生きることのむずかしさ

実現が難しい夢や希望 手相鑑定をしていて、一番むずかしいなーと思...
2019.05.17
マンガキャラに手相があったら

殺しの天才~キルア5つの手相#Hunter×Hunter

変形ますかけ線とは、感情線と知能線はそれぞれ出ているけれど途中で接することで、ますかけ線の性質を受け継ぐことになった手相です。そのため変形ますかけ線は、ちょっと偏屈で確固とした己を持ちつつもある程度周りに合わせるだけの柔軟性は持つ人。
手相師Kのひとりごと

いまさらだけど仮想通貨について考える~2019年

投資や投機に向かない人が、ブームに乗って仮想通貨に手を出すことには強く反対するのだけれど、仮想通貨の将来に対しては、いつかは世界中に認められるんじゃないかと予想しています。でも仮想通貨にもいろんな種類があり、どれが残るかまでは分かりませんし
2019.05.16