天中殺~手相からもわかる年を取ることの利点

この記事は約2分で読めます。

みなさんこんにちは。Zoom手相鑑定を行ってます手相師のミセスKです。

ブログ更新を3か月半ほど怠けてましたが、手相鑑定はぼちぼちとリピーターさんを中心に続けておりました。

先日、鑑定させていただいた方から『天中殺』という言葉が。ふんわりとしか知らなかったので終了後に調べてみたら。。。

天中殺とは、生年月日から人の人生を占う算命学の用語で、12年のうちの2年間、12か月のうちの2か月間、12日間のうちの2日間、12時間のうちの2時間、悪い事が起こる、あるいは良い事も悪い事も普段より大きく出る時期なんだとか。

それで直近の私の年の天中殺を調べてみると、2020年と2021年がそれにあたりました。

いや~。その時期は世界中の多くの人が辛い時期。でも、私個人は経済的には痛手を受けたとはいえ、新しい趣味も見つけ家族も健康で良い2年間だったのですが。。。

おかしいな?と思い、その12年前、2008年、2009年を思い返してみると、確かに!夫の失業で家計は火の車、夫婦仲は最悪で悶々とした日々を送ってました。あの時期は天中殺に間違いありません!

その前の12年も悶々としてましたが、20年&21年の穏やかな天中殺は何だったのでしょうか???

考えられる理由は、世界中が”天中殺”状態なので自分の不幸せさに気づかなかった、のかも知れません。

それと教えてくださった方からは、「天中殺の期間は静かに暮らすことが良い」とお聞きしましたが、実際、静かに暮らしていたのが良かったのでしょう。

もう一つ、これは手相にも言えることですが、「経験を積めば積むほど打たれ強くなる」。

これは手相を観ても分かることですが、若い頃は障害線が多い方でも、年を重ねた地点には現れない事が多いです。実際は年を重ねても何かしら辛い出来事はあるはずですが、気にしなくなる。心が強くなるようなのです。

そう考えると、年を取るのも悪いもんじゃないですよね。