素人だけどタロットカードで自分の2020年を占ってみた

この記事は約3分で読めます。

こんにちは。地に足をつけた鑑定がモットーの手相師ミセスK @mrsk777 です。

毎年年末は家族で自然の近くに旅行します。この数年はずっとタイ南部の海辺。海風に吹かれながらハンモックで朝寝したり、近所の人懐っこい野良犬ちゃんと遊んだり、タイ人夫は釣りをしたりと自由気ままに自然を楽しみました。

私は都会にいると疲れちゃうタイプで、年に数回は自然の近くで自然の氣をチャージしないとバランスが取れなくなっちゃうんですよね。

さてさて、自然界から十分に氣をいただき心身を整えたところで毎年やっているのが新年に向けてのタロットカード。

私は手相師ですが趣味で個人的にタロットも引いています。

私が毎年タロットで占うのは、「その年私がやるべき事」「その12か月どんな月になるのか」です。これは手相では分からないのでタロットに頼ってます。

まず最初は『2020年私がやるべき事』

ペンタクルの6(正位置)が出ました。

質問が『私のやるべき事』なので解釈は、

・富を得たら分け与えバランスを取るべし

・富を得たら感謝すべしバランスを取るべし

という感じでしょうか。(金銭・知識・時間などなど)貯め込むよりも分け与える。受け取ることも悪くない、と読んでみました。

次に2020年のそれぞれの月を占ってみました。

逆位置が多いですね。

1月 ワンドのエース(逆位置) 
⇒先行き不透明;見込み違いな展開

2月 審判(正位置)
⇒前の月の停滞から復活の兆し再出発。

3月 悪魔(逆位置)
⇒前の月に再スタートしたはいいが、欲を出しすぎました。人を恨んだりしちゃ駄目よ。

4月 ワンドの3(逆位置)
⇒迷いながらも目的へ向かって出発します。

5月 吊るされ人(正位置)
⇒献身的な行動が後で実を結びます。

6月 ソードの8(逆位置)
⇒前の月に献身的な行動をした分、自由が手に入ります。

7月 ソードのナイト(正位置)
⇒自信をもって積極的な活動ができるよ。

8月 カップの2(正位置)
⇒やったね!結果が出たよ!

9月 カップのクイーン(逆位置)
⇒前の月に結果を出したことで利己的・自信喪失になってない?

10月 カップの5(逆位置)
⇒前の月の躓きも修復。やっと心落ち着けた。

11月 ペンタクルの10(逆位置)
⇒あれ、ちょっと不安定に。

12月 カップの8(逆位置)
⇒心機一転。新しく出直しだ!

こんな感じで12枚のカードを読み繋げてみたけれど、山あり谷ありな1年になりそう。個人的にはそこそこの起伏がある生活が好きなので、丁度いいかな。

タロットの素人が勘を頼りにスレッド無視で適当に引いてるだけなので、プロの方が見たら笑っちゃうような解釈かもしれませんが、今年の参考にしたいと思います。

山あり谷ありになりそうな1年。楽しみます。

手相師Kのひとりごと


☆この記事があなたのお役に立ちシェアしてもらえたら嬉しいです♪

フォローされると喜びます♪♪♪
ミセスKの手相鑑定inバンコク