タイ人の不倫と妻の勘、そして日タイカップルについて思うこと

この記事は約4分で読めます。

こんにちは。地に足をつけた鑑定がモットーの手相師ミセスK @mrsk777 です。

今回は私が暮らすタイの話。タイ人の不倫についてです。

タイは不倫率が高い国だった!

2015年にデュレックス社が36か国を対象にした調査があるんですが、それはずばり不倫経験に関するアンケート。こんな不名誉な1位に輝いたのが既婚者の56%が不倫経験アリだというタイランド。

不倫1位の国なんて汚名でしかないですが、突っ込ませてもらえば、36か国の中で1番なのにネット記事では世界一位とか書かれ、それはフェアじゃないよね、って思うのでした。

というもののタイに続くのがデンマーク(46%)、イタリア(45%)、ドイツ(45%)、フランス(43%)、ノルウェー(41%)、ベルギー(40%)、スペイン(39%)、イギリス(36%)、フィンランド(36%)というヨーロッパ勢。アフリカやアメリカ大陸は出て来ず。36か国というのは割と裕福でデュレックス社の製品の購入者が多い国ってことなんですよ!

タイは60年代のベトナム戦争時にアメリカ軍の保養地として、夜の街が発展したこともあり、90年代前後には当時不治の病だったエイズが猛威を振るい、対策として国がコンドームの利用を奨励したというデュレックス社のお得意さんなんです。

まあ、2位デンマークとは10%も差をつけており、日本の浮気率(男性26.9%・女性16.3%)と比べても、タイの浮気率が圧倒的なのは間違いないのですが。

でももっと世界中で調査すれば、タイよりも浮気率が高い国はあるんじゃないかな~と、ちょっと弱気に呟いてみるのでした。

妻には夫の嘘を見抜くセンサーが内臓されている?!

私はタイ人夫と結婚してもうすぐ20年。これまで秘密の大きな買い物、秘密の宝くじ当選金、帰宅が遅い嘘の言い訳などなど、タイ人夫のいくつもの隠し事を女の勘で暴いてきました。

けれども事、浮気に関しては一度も尻尾をつかんだことがないのです。つまり夫は浮気はしていないと言えます。

おいおい、あなたが気が付いてないだけで、実はご主人陰で浮気してるんじゃないの?ってツッコミが入りそうですが、私には夫が浮気をしてるかどうかなんて、見分ける自信があるのです。

それって私だけじゃないのが面白いところ。

不思議なことに夫の秘密や嘘って妻にはバレやすいんですよね。別に超能力があるわけでもない一般女性なのに、ご主人のやましい事に関してはビビビっと能力が発揮される。奥様全員ではないですが。

大方の妻がご主人の浮気に勘づく中、気づかない妻の特徴として、下の3つがあるんじゃないかな。

1.夫に興味がない
2.自分のことに夢中
3.潜在的に夫の浮気を知るのが怖い

どうでしょうか? 夫があまりにも用意周到でバレないよう手を打ってるなら気づかない可能性もありそうですが。

でも基本的に、妻は夫より相手の隠し事を見抜く力があるはずです。

ということで、私の夫はタイ人ですが、20年ほど暮らして浮気のしっぽはつかんでおりません。

日本人男性とタイ人女性カップルの離婚率が上昇した理由

タイ人の浮気とは直接的に関係があるかは定かではありませんが、日本人男性とタイ人女性のカップルの離婚率が2000年以降上がっているという話があります。
参考⇒DACO

日本人男性とタイ人女性のカップルの離婚率は2000年頃まで、日本人同士の離婚率よりも低くかったのです。

例えば1992年であれば日本人同士の離婚率の半分ほどだっただけど、日本とタイの経済格差が縮まりだした2000年以降から増え始め、2016年では日本人同士の離婚率は34%に対し日本人夫&タイ人妻の離婚率は54%にまで上がり、2組に一組は離婚する状況。コイン占い並みの確率ですね(^^;

日本人夫&タイ人妻のカップルでよく目にするのが年の差カップル。

リタイア後に自分の娘のような年齢のタイ人女性と結婚している日本人男性をよく見かけますが、愛情で結ばれてるならいざ知らず、タイ人女性からしたら生活費稼ぎのための結婚が多いようで、円安バーツ高で日本の年金が目減りすると「こんなんじゃ何のために結婚したんだか分からないわ!」ってことで破局になるケースがチラホラ。

サヨナラの時にはタイ人妻は若いタイ人男性の下へと飛び立つパターンをよく耳にします。この場合、日本人男性との結婚は仕事であり、仕事場(家庭)の外で心と身体を満たすための恋人を作るってイメージなのかもしれません。

そうするとタイ人女性にとってその恋は不倫ではなく本当の恋愛なんじゃないかな~。

もう日本は経済大国ではなくなり、日本人の庶民がお金で愛を買うのは難しい世の中です。

ただでさえ難しい問題を抱える国際結婚ですから、浅はかな夢を見るのは止めましょうね。