現実的なレイの手相#約束のネバーランド

実在しない漫画やアニメのキャラクターたちの性格や特徴などから手相師が彼らが持っているであろう手相を妄想してみる『マンガキャラに手相があったら』シリーズ。

前回に引き続き約束のネバーランドから、メインキャラのレイの手相を考えてみました。

レイとは

◆GFハウスの孤児で最年長の一人の男の子

◆冷静な思考をもつ現実主義者

◆博識な読書家で高い知能を持ち観察と分析に長けている

◆自分の価値を最大限まで高めるため我慢して勉強と読書に励んだ努力家

◆幼少時から鬼の存在を知っており、ママと内通し駆け引き

◆ずっと一人で呪われた運命と戦い続けていた

◆自己犠牲的に復讐と兄弟達の脱走を手助けしようとする

2019年4号に掲載された第117話までを参考に書いています。

レイの手相

くっきりとした生命線

GFハウスでは読書ばかりでしたが、外の世界に出てからはエマと互角に張り合えるほどの運動神経&体力で敵と戦うレイ。

そんなレイもくっきりした体力みなぎる生命線を持っているはず。

観察と分析に長ける現実的な知能線

現実的なレイの知能線は、生命線とくっついて横に真っすぐ伸び、中指を過ぎたくらいの位置が終点になる知能線です。

この形の知能線は、現実的で合理的。しっかり考えながら機転も利くタイプ。

それに加え、淀みなく美しいくっきり濃ゆく出ていることがIQの高い条件です。

レイの場合、生命線・知能線・感情線の手相基本3線のうちで一番くっきりしているのがこの知能線だと思われます。

感情を抑えたシニカルな感情線

レイは元々、何を考えているのか分かりづらいタイプの子でした。それはつらい事実を周りに悟られないために気持ちを隠していたから……ですよね。

そんなレイは、横に伸びた短い感情線を持っていたはず。しかも悲しみを秘めた細かい支線がいくつも出ていたことでしょう。

激しく努力する人だけがもつ向上線

頭脳明晰なのは努力の賜物。そんなレイの手相には向上線が出ていたはず。

向上線を持つ人は、相当の努力によって目的を果たしていく人ですよ。

苦労人の仏眼相

エマも持っていますが、苦労人であるレイには確実に出ていたはずなのが仏眼相

これまでは現実的に考え、弱い兄弟たちは見捨ててきましたが、苦境を乗り越えることで、大きな野望を叶えるよう人として成長してきましたものね。

窮地から守られる神秘十字

こちらもエマと同じく出ているであろう神秘十字。

神秘十字は大難を小難に、小難を無難に変えてくれる手相のお守り。

レイもエマと同じく大きな神秘十字を持っていると思われます。

約束のネバーランドの感想

私は少年ジャンプを定期購読していますが、全作品を読んでいるわけじゃありません。読んでいるのはだいたい4,5作品くらいでしょうか。

その読んでいる作品の一つが『約束のネバーランド』。繊細な絵がジャンプっぽくなくて綺麗で、ストーリにもあっていて独特の世界観です。

個人的には週刊で1話ずつ読むより、一気に続けて読む方が感情移入できる作品なので、読むときは5話くらいまとめて読むようにしています。


約束のネバーランド 6 (ジャンプコミックス)

※この記事は、随時加筆修正いたします。

スポンサーリンク



シェアする