すべてを持ったオレ様指揮者~千秋真一の手相#のだめカンタービレ

『マンガキャラに手相があったら』企画。

千秋真一とは

◆音大卒業後、パリのオーケストラの常任指揮者

◆指揮以外にピアノとヴァイオリンもプロの腕前

◆音楽への情熱は人一倍

◆フランス語、ドイツ語、英語、日本語のマルチリンガル

◆世界的ピアニストと資産家令嬢の一人息子

◆金持ち、容姿端麗、頭脳明晰で家事までこなすオレ様男

◆完璧主義で自他共に厳しいが面倒見の良い一面も

◆のだめ達と出会ってから他人との接し方に変化

◆幼少時に指揮者を目指し独学で勉強を開始

◆事故に遭い飛行機/船舶恐怖症になり日本から脱出できずにいた

◆どんな治療でも効き目はなかったが、のだめの催眠術で飛行機恐怖症を克服

◆恋人のだめのことを面倒と思いつつ頭が上がらない

千秋真一の手相

パーフェクトと言える千秋真一。彼の手相とはどんなものになるか?想像してみました。

音楽の美を追求する金星帯

千秋真一の手相といえば、一番に思いつくのがこの金星帯。

金星帯を持つ人は、美的センスがある人。有形無形問わず、美しさを感じる能力があります。

音楽に対する美的センスはもちろん、ファッションセンスや料理の上手さなどでも発揮されます。

感情線の一種とも言える線で、繊細な人が多いですよ。

博学で語学が得意な知能線

日本語・ドイツ語・フランス語・英語のマルチリンガルな千秋真一。しかも音楽はもちろん、ヨーロッパの歴史や美術史などにも精通していて博学。

そんなマルチな千秋の知能線は、本線から複数の支線が出ているはず。

そして一般常識的な思考をもっているので、生命線からくっついて始まっているはず。

翻訳や通訳ができるレベルの語学の達人は、この支線が多い知能線を持っている人が多いですよ。

芸術に対する造詣が深い芸術十字

芸術十字

幸運を表す太陽線と、もう一本の線で作られるのが芸術十字
あまり見かけない珍しい相です。画家のピカソの手にはありました。

音楽はもとより、美術史にも精通している千秋真一なら、芸術方面の感性は高いでしょうし、芸術十字を入れてみました。

二人三脚で音楽の道を進むパートナー線

のだめが千秋を音楽の道へと導く天使なのか、はたまた千秋がのだめを舞台の上に連れていく使者なのか、それは神のみぞ知るわけですが、

千秋とのだめの二人にとって、お互いほかに代わりのきかないパートナー。そんな関係の二人であればパートナー線が両手に出ているはず。

ちなみにパートナー線は、生命線から1~3ミリほど離れた場所に薄く出ているのが特徴ですよ。

自分の世界に浸る土星環

千秋真一と野田恵。まったくタイプの違う二人のようですが、共通点があるとすれば”何かに没頭するタイプ”ですよね。

また、ピアニストも指揮者も、自分一人で音楽と向き合う孤独な時間を長く過ごしているはず。

それなので自分の世界に没頭し、孤独な時間を愛する土星環が、2人の手相に共通して出ているとみました。

土星環というと、『オタクの手相』といったイメージなんですが、確かに、音楽に対しては粘着気質な千秋真一なら「音楽オタク」と呼べるかもしれません。

『のだめカンタービレ』がお勧めの理由

好きなマンガは何か?と聞かれたら『宇宙兄弟』『Hunter×Hunter』と、この『のだめカンタービレ』の3作を挙げます。それぞれ大人マンガと少年マンガと少女マンガですね。

のだめカンタービレを読んでいると、「もっと時間を大切にしよう」「自分の能力を出し切るよう頑張ろう」などとやる気が出てきます。

たかが漫画なんてナメられないほど、読む人の心を動かす力がある作品で、芸術系の活動に興味がある人は読んだ方がいいですよ。

また、クラシック音楽がテーマなので、アニメか、上野樹里と玉木宏がW主演したドラマを観ると、クラシック音楽の初歩的な知識がつくはず。

ただ何だかんだ読むだけで楽しいので、何も考えずに”のだめワールド”に足を踏み入れてみるのをお勧めします!

スポンサーリンク



シェアする