YouTube『もしも手相』始めた経緯を告白

YouTube始めました

YouTubeで手相の動画配信をはじめました。何だかとても恥ずかしいのだけど・・・。

ユーチューバーになって広告収入で金儲け!なんて計画している訳ではなく、手相師としての活動の一環です。

YouTubeを始めた理由

正直申し上げて、昨年2018年10月末からブログでの集客が思わしくないのです。ガクンと訪問者数が減りました。最盛期の5分の1。。。

最初は一時的だろうと高をくくってましたが、1か月経っても戻らないので、月に3~4回だけアップしていたブログ記事を、12月は19記事と増やし、ブログ更新に力を入れたんですが、それでも戻らない……。

検索した結果、GoogleのSEO(検索エンジン)がレベルアップし、ほかのブロガーさんたちもブログ集客が難しくなっている模様。

「ブログはオワンコ」などと言われているようです。本や新聞を読む人、長文を読む人が少なくなっているのも影響しているのでしょう。

そのためブロガーさんたちのYouTubeへ移動がブームの模様。

2,3年前にYouTube進出を考えたことはあったのだけど、恥ずかしがり屋だし、基本、顔出ししない(集客できるような顔じゃないため・涙)と決めていたのに今更って感じですが。。。

顔出しない方法を考えればいいだけでした。

もしも手相始まったよ

昨年12月からYouTube動画の準備を始め、1か月くらいで立ち上げました。途中、年末年始をはさんで遅れてしまいましたが、いま現在、アップできたのは下記です。

もしも手相Vol.0 告知動画

2018年12月27日にアップ。

音声なし(音楽のみ)で簡単に作れたので気をよくして年越しすることができました。

たしか所要時間は3時間ほど。初めてにしては上出来。

もしも手相Vol.1『宇宙兄弟』南波六太と南波日々人

2019年1月6日アップ。

音声付きは初めてだったので、作成に4日もかけてしまいました。

ネタはすでにブログで紹介した2つのブログ記事を使用。ブログ作成時間もふくめたら5日はかかったことになります。

そこまでしてこのクオリティーか!と我ながら情けない低レベルな仕上がりですが、映像のプロではないので完璧は目指さず、高校生の学祭のように、まずは楽しんでアップすることにしました。

こちらは約24分もの長さがあり、家族に不評。反省です。

もしも手相Vol.2『約束のネバーランド』エマとレイ

2019年1月7日アップ。

先の宇宙兄弟で挫折しかかったのですが、ここで諦めたら私の1か月が無駄になるとばかりに、意地でも1日で作るようにしました。

前回は24分の長さで、出来上がったものを視聴すると「長すぎ!」。今回は短く15分以内を目指しました。

所要時間は約9時間。

ネタは同じく、2つのブログ記事を使用。ちなみにブログ記事1つ書くのに3~4時間はかけています。

それだけかけても低クオリティー( ;∀;)

ホント、動画作りってむずかしいですね。心折れそうでした。

もしも手相Vol.3『進撃の巨人』エレンとハンジ

2019年1月9日アップ。

約束のネバーランドに続き、約6時間で動画作成できました。

私は滑舌が悪いので、日本語字幕もつけなきゃ申し訳ないと、字幕も作ったので少し時間が掛かりました。自動字幕だと、感情線が環状線になっちゃうので手直しが必要なんです。漫画好きで日本語勉強中の外国の方が観てくれるかも……などという淡い期待も込め。

簡単な動画作りに時間がかかってしまう最大の理由は、わが家は防音されておらず、その上、朝早くから夜遅くまで頻繁に飛行機が上空を飛んでるし、日中は物売りの声がうるさいし(「石やーき芋~、お芋~」みたいなタイ語バージョン)、音声を録音するのを何度も中断しなくちゃならないのです。

もしも手相vOL.4『SLAM DUNK』の桜木花道の手相

2019年1月10日アップ。

これまで3つ動画を作った反省から、二人の比較ではなく、一人に焦点を当てて作ることに。

作業時間は3時間に短縮され、軽くサクッと観やすくなりました。これなら週3、4本はアップできそうです。

やはり、Try & Errorで改善していくのが一番だと分かりました。というか、試してみないと何が良いか悪いか分からないので、まずはやってみることですね。

4回目ともなると、多少は要領をえたので前の作品より良くなった気がします。それでも人様と比べれば全然まだまだですが。。。

動画作りの向き不向きがあるとすれば、滑舌が悪い私はあまり向いていないと思います。でも手相自体が好きな事なので頑張れるんでしょうね。

YouTube参戦するために準備したこと

YouTubeに参戦しよう!と決めたのは、もうすぐ師走という11月末。

準備したのは、

1.マイクの購入

タイローカルの店で一番高いマイクを購入。それでも日本円で1000円ちょっとくらい。

ネットでもっと良いのを買えばよかったと後悔。

2.人気ユーチューバー研究

売れてるユーチューバーの研究を。

どんなユーチューバーが人気あるのか?を知るためにトップ100を観つづけましたが……若いしテンション高くてマネするのは難しいと判断。

その後、ブロガーさんで新しくYouTubeに移った、イケハヤさんとマナブさんの動画を参考にし、『文字だけ&テンション低め』動画を作ることに決めました。

3.無料で使えるアプリなどを研究

YouTubeで儲ける気持ちはなく、最初はあまりお金をかけずにやりたいので、無料で使えそうなものを探しました。

それで一番簡単に、Windowsのパワーポイントを利用。

パワポはこれまで数回しか使ったことなく、使いこなすのに時間がかかりましたが(かなり遠回りしました)どうにか最低限度、使えるようになりました。

向いてないけど、まずはやってみる

手相鑑定でいろんな方のご相談を受けて『自分を過信しすぎず、チャレンジする精神』が大切だと学ばせてもらいました。

冷静に自分を分析して過信せず、それでもチャレンジを恐れてはいけないなーと。YouTubeを始めるにさいして、その精神でいこうと思ってます。

本業優先でYouTubeは趣味の一環。楽しんでやってみようと。

どう考えてもユーチューバーでファンを増やすのは相当難しそうですからね。YouTubeでやっていくのが難しいと考える理由は下記の3つ。

1.YouTubeの世界は年々レベルアップしている

Hikakinさんが出てきて、ユーチューバーが憧れの職業となったけれど、初期よりもレベルアップしていませんか?

はじめしゃちょうさんのように、お顔がいい人、キャラがたっている人、かなりのアイディアマンが、相当の時間と情熱をかけ視聴者を獲得しています。

ジャンルにもよるんでしょうが、軽い気持ちで稼げる世界ではないです。

2.自分はそれほど向いていない

私は自分自身のことを、ユーチューバーの世界に向いてない人間だと判断しています。

コツコツ一人で作業をするのは好きだけど、人前でアピールするのは苦手。

また、私がやりたいのは手相をコンテンツとしたチャンネルですが、手相だけで長く情報を出し続けるのは難しいとも考えています。企画の一つとして手相を紹介するなら続けられるけれど、手相だけだと詰まってしまう。

たとえば、毎日1人を無料で手相鑑定し公開するってのもあるけれど、私はユーチューバーよりも手相師として活動したいので。。。悩むところです。

3.動画作成に使える時間が週20時間しかない

今やっている活動にプラス、動画作成に使える時間を計算してみたら週20時間弱。この状況では頑張っても週3本が限界です。

しかしYouTube動画は、最低でも100は作らないと反応がでないと言われていて、コツコツ続けたとしても9か月かかってしまいそうです。

私のような知名度が低い一般人が、週20時間の作業だけでお金を掛けずにファンを獲得するのはかなり難しい。

すでにネット社会で知名度がある人、動画作成の技術を持つ人だったら、少ない時間でもいいのかもしれません。または、広告資金を6,7桁出せる人なら。。。(知名度そこそこある人でも月100万円の広告料を出していると聞くと……レベルの違いを感じます)

私がYouTubeで収入を得たいなら、今の活動を減らして1日10時間以上は作業しなくちゃいけないと思うんですよね~。でも、YouTubeは本業(手相師)のブランド作りの一つと考えているので、これくらいで良しにします。

今後の目標

この『もしも手相』企画。漫画を読み込んで、ブログ記事を書いて、それから動画撮影という時間がかかる作業なので、

専業ユーチューバーではない私にとっては、月12本アップするのが精いっぱい。

今後の目標は、

◆3月末までは続ける

◆最低でも35本以上はアップする

◆今はレベル低いが、スキルアップを心がける

こんな感じでしょうか。あと上達したら最初に作った『宇宙兄弟』を観やすいように短く作り替えたいです。

そういうことで『習うより慣れよ精神』でYouTubeをやってみます。

スポンサーリンク



シェアする