語学が得意な3つの手相

この記事は約2分で読めます。

海外在住なこともあるのか?、これまで何人もの「語学ができる」人の手相をいくつも観させていただきましたが、共通点があったのでまとめてみました。

知能線に支線が多い

支線の多い知能線

知能線(頭脳線)は書いて字の如く、知識を表す線。スキル的なことが分かる線です。

特に翻訳とか通訳レベルの人にみられますが、図のように知能線にいくつか支線が出ていますね。

翻訳・通訳レベルになると、ただ語学ができるだけじゃなく、専門的な分野で日本語-外国語に置き換えができるほどの知性が必要だからでしょう。

知能線の本線がメインで、後天的に習得した知識を支線が表しています。

二重知能線の一本が水星丘へ向かう

一本が水星丘に向かう二重生命線

小指下の黄色い部分が水星丘です。水星丘は財運や商売、コミュニケーションを表す丘。

相手によってはコミュニケーションに語学が必要になるので、水星丘に向かう知能線を持つ人は語学が得意になるのでしょう。

得意分野が外国語、というより、ビジネスの一環で語学を使う人といった感じです。

金星帯が出ている

金星帯

たまたまなのかもしれませんが、私が観させてもらった語学力の高い人の手には、金星帯が薄っすら出ていたんですよね。

金星帯は、性的な魅力やスピリチュアル性、美的センスなどを表す、繊細なイメージの線。

金星帯の『センス』の部分が発揮されているのかしら?と惚れ惚れと観ています。

最後に

今のところ語学が得意として思いついたのが、上記3つの手相ですが、ほかに気が付いたら追加したいと思います。

手相とは関係ありませんが、語学ができる人って、気配りができる人が多いなーというのも、対応したときに感じた印象です。

感受性が強いことが語学習得に有利に働くのかもしれませんね。

知能線(頭脳線)


☆この記事があなたのお役に立ちシェアしてもらえたら嬉しいです♪

フォローされると喜びます♪♪♪
ミセスKの手相鑑定inバンコク