バンコクで手相鑑定はいかが?

日本人手相師が貴方の手相を読み解きます。本当の自分を知るきっかけに。

詳しくはこちら

夢を続けるために食うための仕事をする

この記事は約2分で読めます。

一度あきらめたつもりが

何度か書いてますが、

あなたの夢が、プロとして生きていくには狭き門で、あなたに狭き門をくぐってプロとして生きていくだけの運や才能がないのならば、

夢をあきらめるか、
夢を続けるためにほかで収入を得るか、

2つに一つです。

私へご相談する方の中に、「一度あきらめたつもりの夢があきらめられず、どうして良いのか分からない」とおっしゃる人が少なからずいます。

ああ、分かる分かる。私も一緒!

あきらめきれない夢

生活のためとか、年齢的にとか、いろんな理由で夢をあきらめてきた人たち。

でも自分のパーソナリティーと密着した夢であれば、あきらめきれるものじゃありません。

そんな強い夢を持ちづづけるのは辛いけれど、ある意味幸せです。何が好きなのか自分のことが分からないって人もいますからね。

せっかく夢見たことなのだから、あきらめきるのではなく続ける方向で考えましょう。

プロとして生活できないのなら、別に収入源を見つけて仕事と趣味二足の草鞋で続ければいいのです。

もちろん2つの活動をするのは時間的にも体力的にも厳しいものですが、「できない無理だ!」と最初からあきらめるよりは、それが出来るように工夫してみてはいかがでしょうか。

いつか再開する、いつか、いつか……。

そうやって時間を無駄にしていると、最終的に取り返しがつかない時期までやらないままで終わってしまいますよ!

夢が何か?にもよりますが、あなたの心が喜ぶことを、現実に見合ったやり方で続けられたらいいですよね。