パートナー線(情愛線)は大きな影響を与えるパートナーがいる証

この記事は約2分で読めます。

パートナー線とは

パートナー線

パートナー線はまたの名を、情愛線や印象線とも呼ばれます。

その人の人生に大きな影響を与えてくれる結婚相手や恋人など、異性のパートナーの存在を表す線。

精神的にも肉体的にも支えてくれるようなパートナーがいること意味します。

稀に肉体関係はなくても、仕事上の重要なパートナーだったり、近い関係の人を意味することもあるようです。

もしかしたら、スピリチュアル世界で言われるソウルメイト的な関係なのかな?と思ったりもします。

パートナー線の位置

秘め事だからか?クッキリと出る事はそうそうありません。柔らかくほっそりしています。

位置は生命線の内側(親指側)。生命線から離れても約1~2ミリ、手の大きな人でも3ミリ以内の距離で、生命線に沿って出ます。

それ以上離れると生命線の補強を意味する第二生命線になります。

第二生命線

パートナー線が出ることの意味

ちなみに、パートナー線がないから結婚できない、恋人ができない、という訳ではありません。ご結婚されていてもパートナー線がない人は多いですよ。

既婚者である私もその一人。20年近く円満に夫婦生活続けてますが、夫が居なくても生きていける、と思っているからでしょうね(^^;

パートナー線があるのは男女問わず、未婚既婚問わず、パートナーと寄り添って生きるべき人です。パートナーの存在によって安心して生きていける人、パートナーがいなければ今の幸せは有り得ない人、という感じでしょうか。

左右の手相でみるパートナー線

パートナー線は右手のみ、左手のみというように片手だけの場合もあれば、両手に出てることもあります。

◆右手はご本人の想い
◆左手は相手の想い
◆両手は両方の想い

両手に出ていると幸せでしょうね。片手だけでも素晴らしいことだとは思いますよ。パートナー線ができるほど相手を思いやれるって関係は多くないですからね。

パートナー線は恋愛問題を観るときに必須

先にも書きましたが、結婚していてもパートナー線がない人もいますが、恋愛問題を観る時に必ず確認する線の一つです。薄いことが多いので、じっくり確認しましょう。

※以前このブログでは情愛線と呼んでましたが、手相鑑定を通して意味的にパートナー線の方が合っていると判断し、途中で名称を変更しました。ご了承ください。