◆メール手相鑑定は随時ご利用いただけます。

◆バンコク対面手相鑑定は要予約です。
バンコク対面手相鑑定

勝てそうな土俵で勝負を

大学全入時代。

親としては我が子に大学くらいは出て欲しいと思ってしまうようですが、

多額の借金(返済義務のある奨学金)してでも大学に行く意味があるのか? ちゃんと考えた方が良いかも。

残念ですが中間管理職は減っていく時代。

企業ではごく一部のエリート人材は必要でも、中間管理職となる課長・係長ポストは削減される傾向にありますし

経済的に無理して大学を出ても、それに見合うだけの仕事が手に入りづらくなる、かもしれません。

遺伝子の組み合わせは70兆以上。同じ親から生また兄弟でも出来不出来はその子次第ですが、

両親そろって東大出のお子さんは収入自体も高く教育費も十分掛けてもらえるでしょうし、DNAでも、家庭環境でもお勉強ができる子に育つ可能性は高いです。

そういう好環境にいる子と、勝負させるだけのポテンシャルがあるのなら、頑張って勉強させるのも良いと思いますが、

勉強が苦手で勉強を嫌いってる子に無理して塾に通わせ、カツカツの状態で教育費をつぎ込むことのデメリットは、よーく考えておいた方が良いな、、、ということで、わが子は塾に通わせていません。

遺伝子レベルで知能が決まるから勉強しても意味がないよ! と言ってる訳じゃないんですよ。

親の見栄で、勉強がそれほど好きじゃない子に進学のために借金を背負わすのだけは、親子ともに首を絞める結果になりかねないので慎重に、と言うことです。

それよりお子さんの特性を伸ばし、その道で生活できるよう手助けしてあげる方が、きびしい競争に駆り立てるより勝率が高いんじゃないでしょうか。

逆に、お子さんが自ら勉強したいというのなら、できるだけ意向をくんであげてみてはいかがでしょうか。

勝てそうな土俵で勝負を。

スポンサーリンク



シェアする