◆メール手相鑑定は随時ご利用いただけます。

◆バンコク対面手相鑑定は要予約です。
バンコク対面手相鑑定

手相鑑定:占い師としてやっていく@その3占い師について思うこと

手相鑑定:占い師としてやっていく@その2左右の手相説明 からの続きです。

続けて占い師について私の思うことなどをお伝えします。かなり厳しい話になりますがご容赦ください。

温かい言葉で的確な鑑定が出来る鑑定士になりたい

Kokokaraさんは変形ますかけ線持ちでもありますし、ご自分の興味が向く方に進まれるべきです。また、占い師としての適性は十分お持ちです。これまでの人生経験も役立つはずですし。占い師は年を重ねることが不利にはならないので今後に期待が持てる職業だと思います。

将来、独立!でもブレーンも無く金銭的にもまだ早い?

ブレーンや資金を作ってから始めるという考えでは、いつまで経っても独立は無理だと思います。

私は本業との二足の草鞋をはきながら、もっと経験を積むことをお勧めします。

また、どんなに準備しても、新たに学ぶべきことは山のように出てきます。

すべての占い師が生活できるだけの収入を得られるわけもなく、プロでも占い料だけで生活できるわけではありません。

占い師を辞めた方が多いのでも分かりますよね。(もちろん金銭的なことだけが理由ではないでしょうが)

その理由は占い技術の未熟さというより、お客さまを呼べず、生活できないことにあるんじゃないかな?と推測しています。

また、どこかに所属するにしても、人気占い師になるには占い技術はもちろん、話術をふくむコミュニケーション能力や営業センスが必要になります。自営業ですから。

人気が出ればお客様が途切れることもなく、より経験を積むことができ、占い師として成長の加速が違ってきます。

売れなければモチベーションが落ち、続けるのは難しいかもしれません。

Kokokaraさんのメールを読ませていただくと、まだ、自営業者としての覚悟をお持ちでないようにお見受けします。

スピリチュアル要素の強い方なので、占い師としての素質は十分にお持ちですが、残念ながら自営業者としてやっていくだけの強さが見えないのです。左手の向上線も弱々しいですし(-_-;)

運命線は晩年までしっかりとされているので、何かしら活動をされているはずですが、占い師として長く活動するためには、占いの技術だけでなく、ビジネス的な心構えなどを学ぶべきだと思います。

でも始めてみなくちゃ何が必要なスキルなのか分からないものなので、まずは始めてみることをお勧めします。

現職を続けながらでも、人が集まる場で占いができるのならばどんどん出て行ってみてはいかがでしょうか?

現職との両立は大変でしょうし、毎月の収入が必要でなければ、資金を貯めた後、定年後に始められてもよろしいとは思いますが、能力があってもすぐに安定したご依頼が得られるほど
甘い世界じゃないことは肝に銘じてくださいね。

Kokokaraさんだけでなく自営業ご希望の方には常に厳しい事をお伝えするようにしております。

ここまでお読みいただいて、それでも占い師を目指すのでしたら、ぜひ頑張って沢山ご依頼を頂けるような占い師になられてください。

以上になります。

手相鑑定後のご感想へ。

スポンサーリンク



シェアする