オタクな天才ピアニスト~のだめの手相#のだめカンタービレ

アニメキャラに手相があったらシリーズ。すべて私が観たアニメの登場人物をご紹介しています。

今回は、『のだめカンタービレ』の主人公・野田恵こと、のだめちゃんです。生まれついての才能をどう生かすか?っていう話が面白くて、いろんな人にお勧めしたいマンガの主人公です。

のだめとは

野田恵こと、のだめちゃんとはどんな人なんでしょうか?

◆人との垣根が低く、図々しい

◆生活態度はだらしがなく、奇声を発するため「変態」と称される

◆根は優しく繊細で、意図しない状況に動揺することも

◆辛い現実から目を背け嘘をつくことしばし

◆感情の起伏は激しい

◆食いしん坊で、特に千秋の手料理に目がない

◆マンガ&アニメオタクで台詞を暗記しフランス語の習得にも役立てた

◆音大入学まで正規レッスンを受けてないが才能はある

◆耳で聴いた音楽を演奏するのは得意だが、読譜、とくに初見演奏は苦手

◆千秋と出会い、追いつきたいという思いから次第に上昇志向が芽生える

◆ピアノ科の落ちこぼれ音大生からフランス留学の後、ピアニストデビュー

のだめの手相

それでは、のだめちゃんの手相をみていきましょう。

オタクな土星環

まず、のだめちゃんの手相は?と考えた時に一番最初に思いついたのがこれ。

大好きな『プリゴロ太』のビデオを一晩中繰り返し観てフランス語を習得したほどの粘着的オタク気質ののだめちゃんには、確実に土星環が出ているはず。

好きな事への集中力は恐ろしいほどののだめちゃんなら、くっきりハッキリした土星環になってそう。

超がつくほどの変わり者になる離れ型知能線

オタク的知能線

変わり者のオタク的な知能線は離れ型知能線生命線と離れた1㎝以上は位置から始まります。現実的であれば小指方面へ横に伸びますが、夢見る夢子ちゃん的なら生命線に沿って下へ。もちろんコツコツ取り組むタイプなので長め。

この、下に伸びる長い知能線は、好きな事には恐ろしくハマるものの興味外はまったく興味なし!面倒くさがりでもあるので、特にインテリアなどに興味がなければ部屋の片付けにも無頓着になりやすいかも(-_-;)

ゴミ部屋に住むのだめちゃんらしい知能線かも(;^ω^)

自由を愛するビアラシビア

ビアラシビア

ビア・ラシビアは、自由を愛するふわふわな浮雲。強制されるのが大嫌いなのだめちゃんの手には確実に出ているはずです。

自分の気持ちに素直に生きて才能を開花させてほしい手相です。

生まれ故郷から遠く離れる旅行線

旅行線

生まれ故郷から遠く離れる運命の人、外国との縁がある人、自由な発想ができる人に、旅行線が出やすいです。

のだめちゃんは福岡から東京、そしてパリまで留学しますし、自由を愛する性分なので、旅行線が出ているはず。

立場の上の人に引き上げられる寵愛線

寵愛線

のだめちゃんはその才能から、千秋先輩はもちろん、世界的な指揮者やピアニストなど大物から認められ、引っ張ってもらえる運を持っています。

そんな立場の上の人から認められて引き上げてもらえる運命ののだめちゃんは寵愛線も持っているかもなーと。

最後に

私が想像したのだめちゃんの手相いかがでしたか? これらの線がなければ天才ピアニストにはなれない!という訳じゃないですよ、念のためつけ加えますね。

その他、感情の起伏が激しいのだめちゃん、感情線はメソメソ時期、ルンルン時期とその時々で変化しそうです。

最後に、上記以外に多賀谷彩子さんから、のだめちゃんは手がデカいと証言を得ていますw。

作曲家でありピアニストでもあったリストとラフマニノフ、それに現代なら中国人ピアニストのランラン、日本人ピアニスト辻井伸行さんなどは手がかなり大きいそうです。のだめちゃんも、彼らと同じ部類の生まれつきの天才ピアニストなんでしょうね。

スポンサーリンク



シェアする