◆趣味として始めた手相ブログ。プロ手相師としてスタートした際に読者の方にご協力頂き、手相鑑定を掲載いたしました。他にも手相線の解説などありますのでご覧ください。
※メール手相鑑定&バンコク対面手相鑑定やってます。⇒ミセスKの手相鑑定
◆趣味として始めた手相ブログ。プロ手相師としてスタートした際に読者の方にご協力頂き、手相鑑定を掲載いたしました。他にも手相線の解説などありますのでご覧ください。
※メール手相鑑定&バンコク対面手相鑑定受付中。
ミセスKの手相鑑定

自分に向いている仕事~回り道もいいものだ

「自分に向いている仕事」というのはあると思います。

若くしてそういう仕事に巡り合えた人は、時間を味方に、どんどんスキルを伸ばしていき、ほかの人が辿りつけないほど、成果を上げていくのだと思います。

スポーツ選手とかピアニストとか、そういった世界で活躍している人たちは、若い時期に自分の戦える場所でスキルを磨き、トッププレイヤーになってますもんね。

今さら40代の私が必死に練習したところで、浅田真央ちゃんの足の指の爪にも遠く及ばないですし(-_-;)
ただただ尊敬します。

 

でも、人によっては、すぐに自分に向いている仕事に辿りつけない人もいます。

あの経営の神様である松下幸之助だって、10歳で奉公にでたときは子守りからスタートし、その後、自転車屋を経て電気関係に進んでいきました。

経営の神様と呼ばれる天才であっても(手形を観ると、目が眩むほど素晴らしい手相です)修行時期があったわけです。

ほかにも成功者と言われる人の人生を見ていくと、意外と寄り道している人は多いものです。

 

私は手相で適職を観ているので、

「いまやっている○○は、私に向いてますか?」

というご質問を受けているわけですが、その仕事で成功するのはちょっと難しい場合も多いわけです。(特に、一握りの成功者しかいない分野を目指す場合)

 

それでも、いったんその道で頑張ってみて、そこで得た何かしらを頼りに、次のステップに移る、

という道があるんじゃないかなーと判断し、「いったん、この道で頑張ってみてください」とお答えすることもあります。

 

その道で成功するかどうか? と聞かれたら

「可能性は低いです」

という場合でも、もう少し続けていくと次のステップが見えることもあります。

私も、夢であった小説家にはなれてませんが、長時間座って文章を書く力は得られましたし、いろいろ新しい世界を発見することができました。

ちょっと回り道をする人生も、あっていいんじゃないでしょうか。

手相師Kのひとりごと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
ミセスKの手相鑑定