◆趣味として始めた手相ブログ。プロ手相師としてスタートした際に読者の方にご協力頂き、手相鑑定を掲載いたしました。他にも手相線の解説などありますのでご覧ください。
※メール手相鑑定&バンコク対面手相鑑定やってます。⇒ミセスKの手相鑑定
◆趣味として始めた手相ブログ。プロ手相師としてスタートした際に読者の方にご協力頂き、手相鑑定を掲載いたしました。他にも手相線の解説などありますのでご覧ください。
※メール手相鑑定&バンコク対面手相鑑定受付中。
ミセスKの手相鑑定

ワーキングママと子育て経験者&高齢者をつなぐサービス

 

私は両親共働き家庭で育ったのだけど、
女性が働きながら家庭を持つのは大変だなーと
母を見ていて思ってました。

でも女性も男性と同じように大学進学率は増え、
社会で活躍する優秀な女性も増えたのだから、
ぜひ、女性が働きやすい日本になって欲しいのだけど……。

いまだに働く女性が子育てと仕事を両立するのは大変

日本の家族・子ども向け公的支出は先進国のなかで最も低水準。
政府は、私的領域=家族=に育児をまかせきりのまま、
女性を「男並み」に働かせようとしていると、
しばしば批判されています。

地域の高齢者に育児家事を手伝ってもらう方法 | 育児サバイバル | 藤田結子 | 毎日新聞「経済プレミア」
 働く母親の負担を軽減するために、地域の高齢者が活躍しています。今回はその現状を報告します。 日本の男性の家事時間は先進国で最低水準  「2011年働く女性の実情」(厚生労働省)によれば、6歳未満の子どもを持つ共働きの親が育児や家事に費やす時間は、夫が1日約1時間、妻は約5時間半。日本の男性が家事・

 

どんなに能力ある女性でも、
いや、逆に能力が高く責任が重い女性ほど
板挟みになりやすい環境がツライです。

私は海外在住者だけど、
日本で子育てしながらお勤めする自信はなし(^_^;)
子どもがアトピーっ子なので
夜な夜な何度も起きて面倒見なくちゃいけないし、
(産んでみないことには、育児に費やす時間は読めない!)
これにプラス、仕事と家事の両立はむずかしそう。
日本だと手抜き母には世間の目が厳しそうだしね。

その上に、
親の介護まで加わったら
もうどうすれば良いのか分からないでしょう。

海外のワーキングマザー

私の住んでいる国では3世代家族、
しかも奥さんの実家に旦那さんが入る「ますおさん家庭」も多く、

うちのお隣さんは赤ちゃんが生まれると、
50代のおばあちゃんが早期退職し
お孫ちゃんを育てています。

実母が面倒を見てくれるから
お母さん自身も安心してお仕事できるみたい。
それにお手伝いさんを雇うのも一般的なので
女性がキャリアを中断せずに働き続けられます。

社会保障はあまりないけれど、
女性が働きやすい環境は整っていて
女性の社会進出は男性並!

女性が働かなくちゃ回らない社会とも言えますが。

子育て経験者や高齢者がワーキングマザーをサポート

上の記事では日本のワーキングマザーのサポートとして
公的育児支援「ファミサポ」(ファミリーサポートセンター)や
シルバー人材センターが紹介されています。

「ファミサポ」は保護者と、
有償ボランティアである30〜60代の子育て経験会員とをつなげる公的サービス。

シルバー人材センターは利用者から頼まれた仕事を、
仕事を探すシルバー世代に紹介する公的機関。
家事や子どもの送迎、預かり保育なども利用可。

両サービスとも1時間1,000円前後という価格だそうです。

万が一の子供の病気も
サピーターが近くに住んでいるのなら
安心して仕事と子育ての両立ができそうですよね。

女性がキャリアを中断せず働き続けることができ、
社会にとってもプラスとなるはず。

サポーター側としても、
子育てという自分のキャリアを再度活かせ、
社会とつながることができて
お金以上に嬉しいんじゃないでしょうか。

もしも私が将来、本帰国するなら、
手相師とファミサポの両立とか良いかもなー
なんて考えてしまいました(*^▽^*)。

こういったシステムが上手機能して、
双方が有意義な生活を送れると良いですよね。