スポンサーリンク
スポンサーリンク

手相師の手相~変形ますかけ・土星環・人気線など

この記事は約3分で読めます。

今回は私、手相師ミセスKの右の手を使って手相の線を見ていきましょう。

自分の手相の説明って書きづらいのですが(;^_^A アセアセ・・・なんだか、強そうな手相しているな~って印象ですが、順を追って説明いたします。

右手は社会面&後天的な事柄を表しています。

直感と情熱の火の手

手の形は、直感と情熱の火の手。退屈が苦手なタイプ。

後でご紹介する旅行線も出ているので、日本から世界に出ていくのは当然と言えば当然の手相なのかもしれません。

最初に目につくのが変形ますかけ線

たぶん私の右手を観て、一番最初に目に留まるのが変形ますかけ線になります。

ますかけ線とは知能線と感情線、それぞれ1本ずつ出ているのが合体して一本になった形。

いろんなパターンがありますが、私の変形ますかけ線は真っすぐでやや短い感情線と、途中でカクンと折れる知能線でデキています。

まっすぐ火星平原に伸びる感情線

図の白線より薬指側で止まっている感情線は、短い感情線と言えます。

変形ますかけ線を作るために感情線が短くなったとも言えますが、この位置で終了するのは淡白な性格。

スパスパっとした物言いは、この感情線を見れば納得。デリカシーがないという面もあって反省しきりです。

女性らしさにかけるかも(;^_^A アセアセ・・・

まっすぐ伸びて途中でカクっと折れる知能線

火星平原までは真っすぐで、途中からカクンと月丘に折れる知能線は、賢い知能線だと昔々手相師さんに褒められましたが、勉強はデキる科目とデキない科目にくっきり分かれました。自己観察してみて、二面的思考をもつ知能線だという印象。

基本的にアレコレ物事を考えるのは好き。どちらかというと哲学的思考が強い熟考型です。

数年前の位置に、停滞を表す小さな島が出いていて、その頃は本気で人生どうすべきか?悩んでいました。今回改めて見てみたら島は消え、ホッと♪

どんなに形のよい知能線でも、島(アイランド)障害線が出ていたら、その能力が発揮されづらい状況になります。

感情線上から始まり中指と人差し指の間に伸びる運命線


運命線は基本、土星丘に向かいますが、木星丘寄りに伸びる運命線は夢の達成のために努力する運命。

既婚女性は夫が頼りなくて自分が頑張るしかない!って運命の場合も多いんだとか。

当たってます。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

良い面といえば、晩年は自分ひとりぐらい軽々養える能力を持てそう、ってことでしょうか。

年を取ればとるほど幸せになる大器晩成型の手相の一つです。どっしり母ちゃん的な運命線ですね。

一人時間が必要な土星環

図では半円ですが、私のは運命線の先端がY字になって土星環を作っています。

土星環は孤独な相……。はい、かなり当たってます。何があっても一人時間は必須な人間ですね。

ベタベタした関係は苦手で個人プレーが好き。一つのことにこだわって探求するのが得意。

昔々、土星環は一番最悪な相だと言われてましたが、専門性を探求するには良い性質だと思います。

ハリポタ作者のJ・Kローリングさんや画家のピカソ、福山雅治さんだって持ってるんですもの♪

人様からのご支援をえる人気線


人気線のおかげで手相に目覚めました。両手にあって、当時、真っ赤にピカピカ光ってました。いまはそれほど主張していませんが、何かを私に伝えたかったのでしょうね。

人気線ってキラキラしたイメージですが、1本だとそんなに派手な感じではないです。それでも周りに助けられて、自分の実力以上に運は良いようです。ありがたいことですね。

その他の線

このほかに、仏眼相旅行線開運線健康線財運線などがありますね。

太陽線は残念ながら薄くて細々。ここがどうにかなれば満足行く人生になりそうですが…。

総じて、私の右手は男性性の強い手相になってます。生まれ持った性質を表す左手は
柔らかなM型手相なんですけどね(笑)環境が私を強くしてくれたようです。