指の縦線、俵紋は食うに困らない

この記事は約2分で読めます。

食うに困らない財運を持つ人とは?

ずっと前に中国式手相術を使っていたタイ人手相師さんに教えてもらった手相をご紹介します。

俵紋の定義

中国手相術の流れをくむ和式手相術では俵紋と呼ばれています。

俵紋(たわらもん)は、肉厚なふっくらした指に限定されます。

そして上記の図のとおり、親指以外の指、人差し指、中指、薬指、小指の第2、第3関節に3~4本縦線が入っているのが俵紋です。

条件としては上記以外に、指の先の部位は指紋だけで縦横線が入っていないこと、両手とも俵紋の条件を満たしていること。

指先に縦線が入っている、または、親指まで縦線が入ってる、片手だけ、であれば俵紋ではありません。

中国式手相なので、西洋式手相術を使っている手相師が多い日本では、取り上げているところは少ないですね。

俵紋の相の意味を教えてくれたタイ人手相師さん曰く、

一生食うに困らない人の手相

とのことでした。

俵紋は珍しい手相

俵紋は、あまりお見かけしない珍しい手相と言われてますが、

でももしも『食うに困らない』手相であれば、日本人の80%以上は持っていて不思議じゃない気がします。少なくとも年金で暮らせている高齢者に関しては。

けれども実際、先にお伝えした条件をクリアできる人はそうそういません。手相鑑定をしていれば分かりますが、みんなが持ってる手相ではないのです。

「現代日本人は将来、食うに困る生活になるのか?」なんて嫌な考えが頭によぎったのですが(~_~;)、俵紋にはただ食うだけではなく、別の意味合いがありそうです。

消えた俵紋の話

この記事を書いて3年ほど経ったころ、以前には出てい俵紋が消えたという読者の方からメールがありました。

その方は学生時代に真剣にとある武道に取り組んでいた時、俵紋らしき線が出てきたそうで、その武道を止めてからもずっと出続けていたそうです。

しかし、とある病気を患い、入院中にふと手を覗いてみると、俵紋は消えていたとのこと。

手相師である私自身が鑑定した訳ではないので、実際にそれが俵紋であるかは確証はありませんが、お話伺って、きっと俵紋だったのだろうと想像しました。

その方曰く、

俵紋が食うに困らないと言うのは、健康で働くことが出来れば何不自由無く生活出来ると言う意味の健康のバロメーターなのではないのでしょうか

ということです。

確かにそんな印象を受けますね。あるいは、

経済的なことに加え、健康的に食事を食べることができる手相、なのかもしれません。

テーブルいっぱいに中華料理を並べることができて、それを思うぞんぶん腹の中に詰め込めるだけの財力と健康の証、というイメージでしょうか。

運気の良い手相手の線


☆この記事があなたのお役に立ちシェアしてもらえたら嬉しいです♪

フォローされると喜びます♪♪♪
ミセスKの手相鑑定