◆メール手相鑑定は随時ご利用いただけます。

◆バンコク対面手相鑑定は要予約です。
バンコク対面手相鑑定

ますかけ線によく似た手相のシドニー線

シドニー線(しどにーせん)

シドニー 線

手相のシドニー線とは、第1火星丘から第2火星丘まで長く伸びた知能線のこと。

ますかけ線と間違いやすいですが、別物のようです。

ますかけ線は感情線と知能線が一本ですが、シドニー線は感情線も別に存在しつつ、知能線が伸びに伸びた形。

知能線の起点1 一般的な知能線

ますかけ線  ますかけ線

シドニー 線 シドニー線

シドニー線の性質

シドニー線の基本的な性質はますかけ線と似ているようで、ある種の王者的な意味合いがあります。また、知能線が長いため、じっくり熟考型だとも言えます。

シドニー線を持つ人がなりやすい病気

ますかけ線的な気質にプラス、シドニー線には病気などに関する暗示も指摘されています。

◆自閉症
◆ADHD
◆統合失調症
◆アスペルガー症候群
◆低酸素症
◆白血病
◆ダウン症候群
◆アルツハイマー型認知症(10%の病患者にシドニー線が認められた)
◆癌リスク遺伝(生命線上の島and生命線から離れてスタートするシドニー線は要注意)
◆乾癬
◆先天性風疹(頻繁に確認される)
◆ウィリアム症候群

シドニー線について、上記のような病状&症状の研究がされています。

ちなみにダウン症の人は、白血病やアルツハイマー型痴呆症になる確率が高いようです。

また、ダウン症とアルツハイマーの脳は、専門家でも判別が難しいほど似ているそうなんです。

手相は脳を表すと言われてますが、そういう意味で、ダウン症とアルツハイマーの手相が似るのはあり得そうですね。

ただし! シドニー線だから上記の病気&症状が出る訳ではないし、逆にシドニー線がなくても、上記の病気&症状が出ることはあります。

シドニー線は60年代後半に名づけられた線なので、昔の手相師さんはその存在を知らなかったはず。シドニー線をますかけ線だと判定していたかもしれませんね。

ダウン症やアスペルガー症候群関連の掲示板を見ていると、「ますかけ線」の話が出てきますが、もしかしたらシドニー線のことなのかも知れません。素人考ですが、シドニー線はDNA的な因果関係があるのかもしれませんね。

スポンサーリンク



シェアする