◆趣味として始めた手相ブログ。プロ手相師としてスタートした際に読者の方にご協力頂き、手相鑑定を掲載いたしました。他にも手相線の解説などありますのでご覧ください。
※メール手相鑑定&バンコク対面手相鑑定やってます。⇒ミセスKの手相鑑定
◆趣味として始めた手相ブログ。プロ手相師としてスタートした際に読者の方にご協力頂き、手相鑑定を掲載いたしました。他にも手相線の解説などありますのでご覧ください。
※メール手相鑑定&バンコク対面手相鑑定受付中。
ミセスKの手相鑑定

渦巻き手相、聖寿紋は大器晩成なレア相

聖寿紋(せいじゅもん)

聖寿紋

手の平のどこかに、指紋のような、ぐるぐるの渦巻き、指紋のようなきれいな渦状があれば、それは聖寿紋です。

かなりレアな、大器晩成を表す吉相です。

大まかな意味では、若い頃はいろいろと多大な苦労を背負ったぶん、頑張って積み上げてきた結果が実って、中年期以降の晩年に、大きな名声や財を得る、という意味あいの素晴らしい手相ですよ! ちなみに聖寿とは、天子の年齢・寿命を表す言葉です。

出ている場所(丘)の意味合いを強める吉相だと私は解釈しています。

図のように木星丘(人差し指の下のふくらみ)に聖寿紋がある人は、苦労したことで100歳を超える寿命がもらえる、という意味になるんだそうです。

きっと若いときに苦労する分、老後に大変嬉しいことがやってきて、それを楽しむための時間を頂ける! という感じなのかもしれませんね。

大器晩成型の手相はいくつかありますが、聖寿紋は『苦労したぶん、老後の時間を楽しめる』という解釈をしています。

私の手相鑑定では、レア相は判定を厳しくしています。これまで観てきた中では、ぱっと見たとき目がいく程くっきり出ている場合だけ、聖寿紋だと判断しています。じっくり観なきゃ判断できたい程度でらえば、聖寿紋になりかけのベビーちゃんと読ませてもらっています。

手相鑑定で良いこと言われて満足しちゃって、行動に移せないのは良くないと思って。

それでも先日観させてもらった方は、ぱっと観て目についたので、あれはもう聖寿紋と断定させてもらいました。たしかに幼少期に苦労されてた方でしたが、全体的に晩年運がよかったので、あの判断は間違ってなかったと自負しています。