適職・将来の方向性で悩む人に多い手相~離れ型知能線と仏眼相

この記事は約3分で読めます。

『適職・将来の方向性』の手相鑑定ということで、ピンポイントで人様の手相を観させてもらってアレレ???って思うことが。

ご相談の多い離れ型知能線と仏眼相

それまでは趣味で家族や友だち、ちょっとした知り合いの方たちに手相を観せてもらって勉強をしていたのですが、

ピイントを適職関係に絞った途端、とある相を持ちの方のお悩みが多いというのに気づきました。その相とは2つ。

離れ型知能線と仏眼相。

離れ型知能線と仏眼相は悩み多い手相なのか?

離れ型知能線

離れ型知能線とは、日本人には少なめだと言われ、生命線から離れて出発する知能線のこと。それ以上に珍しい手相の一つ仏眼相を持つ人が適職&方向性に悩まれていることが多いのです。

仏眼相

これまで私の現家族や友人知人の手相を観てきて、離れ型知能線や仏眼相は少なかったのですが、

何故か『適職・仕事関連』に絞って依頼人さまを募るとこの珍しい手相の持ち主に出会う確率が高まるんです。

日本人的規範から外れた離れ型知能線

だいたい離れ型知能線の方は、10人中2~3人くらいの割合で観てきました。これ、かなり多いんですよ。

たぶん一般的日本人とは感覚が違うため、お勤め先で窮屈な思いをされていることが多く転職すべきか、自分の適職とは何か?って考える人が多いんだと思います。

離れ型知能線の方は型破りな方が多く「あなたの適職はこれ!」と具体的にお伝えできないのが残念ですが、逆に新しい何かを作りだす才能をお持ちですから、そんな方の行く道のヒントになればと、ワクワクしながら診断させてもらっています。

仏眼相は大いなる力からの試練

では、仏眼相はどうなんでしょうね?

その答えの前に、仏眼相について私が以前にブログで書いたの説明ですが

親指の第一関節が目のような形に囲まれている珍しい相。念力相とも言われ、第六感が働く人で、大いなる力に守られています。私の解釈としては、仏眼相は、大いなる力から試練を与えられ、それを乗り越えることで人として成長する人の手相そんなイメージの手相なんです。

私、ミセスKのご先祖さまは祭事を司っていた家系だったからか?私も兄弟も仏眼相が出ています。記憶力は人並み以下なんですけど(涙)

でも、兄弟以外で見たことがなかったので適職診断を始めてから「意外と仏眼相が多い!」ことに驚いています。

仏眼相は時代の流れが増やした手相

では何故、仏眼相も多いんだろう?って考えた時に、時代の流れなのかな?という結論に行き着きました。

黒船が来て日本が開国し、近代化を突っ走って戦争に突入。敗戦から経済大国に上って行き、その後不況、大地震、環境破壊……などなど。

2015年現在の日本は問題を抱えていますが、そんな時代だからこそ、

仏眼相の人たちが「このままじゃダメだ」と内なる声を聞いて目覚め、どの道に進むべきか模索されているのかも?と。

何か変えるべき事があると気づいて(気づかされて?)

知らず知らず立ち上がっているのかな? と。

あるいは、

これはとてもスピリチュアルな見方ですが時代の変革期に入って人類を守ろう!という見えざる力が働いて、仏眼相の人が増えたのかな? と。

まあ、本当のことは分かりませんが、私はどちらかだろうと睨んでいます。

でも、少数であっても仏眼相の人が既存の生き方を変えて、自分の生きやすい道、人の役に立てる道に進んで行かれたら、今よりももっと良い世の中になるんじゃないかな~と思えてなりません。

だからでしょうか。手相診断をするたびに、皆さんがその人なりの良き方向に進んで行って小さなハッピーが積み重なっていけば、全体的に大きな幸せへと進んでいくように感じます。

世界に変化を望むのであれば、
自らがその変化になれ
~マハトマ・ガンジー

せっかく人生に悩んだんですから、どうせなら、自分が幸せに変化することで世界が幸せになれたら嬉しいですよね♪