心持ちで健康を害することがあると手相鑑定で思い知らされた件

この記事は約2分で読めます。

手相を観ていて難しさを感じるのが、実は健康面です。健康面というと生命線と手首線で判断します。

それで「あなたは健康ですね!」なんてお伝えしても、「いえ、私は病気で体調悪いです」って言われることがあれば、逆のパターンも何度かあって。

あれれ?何でだろう??? と自信を失くしていた時がありました。

だいたいの場合、手相に出てくることをお伝えすると「当たってます!その通りです!」って話になるのですが、

健康面に関しては手相通りをお伝えしても人によっては「違う!」と言われてしまう。

そんな事を何度か繰り返すうちに判ったこと。それは・・・、

ネガティブな思考を持っている人
悩む時期のまっただ中にいる人

こういう人は、たとえ健康的な生命線を持っていても病気になりやすいようなのです。

健康的な生命線を持っているのに体調を崩している人にも2パターンあって、

・その人にとって負荷が大きい状況でもがいている頑張り屋さん
・人や状況のせいにするネガティブマインドの人

このどちらか。

もがいている頑張り屋さんには、

「あなたは生まれ持った健康運は良いですよ。でも現在大変苦しい状況になっていて、心労で体調を崩されているだけのようですよ。

だから、今の状況を乗り切れば体調も回復してきます。あなたが頑張っているのは手相にもよく出ているので無理せず、でもこの状況を乗り切ってください」

とお伝えしています。

このタイプの方は、ご自分でも薄々気付かれている事が多いので納得されます。
そして肩の荷が降りたようでホッとされるようで、手相観としても嬉しい限りです。

その反面、ネガティブマインドの方には難しさを感じます。人の心持ちを変えると言うのは、とっても難しいのです。

私自身、ネガティブモードだったときは、人の意見を聞き入れられなかったですから。

人によっては時期的にネガティブモードになっていただけってこともあるので、

タイミングも大切ですし、相手の事を相当理解し、どのようにお話すれば受け入れてくれるのか?分かっていないと難しいですね。

人の人生を観させていただく者として勉強しなくてはいけない問題です。

手相師Kのひとりごと


☆この記事があなたのお役に立ちシェアしてもらえたら嬉しいです♪

フォローされると喜びます♪♪♪
ミセスKの手相鑑定inバンコク