医学部入学!国家試験もなんのその!医師向きの手相

医者になるためには、最低でも6年間大学医学部に通い、医師国家試験に合格しなければなりません。何よりも医学部への入試試験が最難関。かなり勉強ができる人でないと難しい職業です。

ただし、患者側としては、患者の立場に立った診療をしてくれる医者に診ていただきたいもの。また、クリニックを経営している医者は自営業者でもありますから、経営的なこと=患者(顧客)の立場に立つことも必要です。

今回は医者に向いている手相を見てみましょう。

ますかけ線

ますかけ線

ますかけ線は天下取りの相。お医者様の中にはますかけ線の人が多いと言われています。

とてもリアリストで、自分の興味がある分野は徹底的に極めるオタク気質でもあります。

ますかけ線が社会的に成功するためには、自分の好きな道で働くことが肝心です。

ますかけ線持ちの人が本気で医者を目指すなら、かなり良いお医者様になることでしょう。

大きく分岐する知能線

大きく分岐する知能線

水星丘(小指の下)に向かう知能線は、経営や伝達能力が高いことを意味します。

横にまっすぐ長く伸びる真ん中の知能線は、理系的な理路整然とした考え方ができる人。

一番下の月丘に向かって伸びる知能線は、一般的な形で、一般人の感覚に近い知能線です。

これら3つの知能を有する知能線なら、バランスの取れた考え方ができるお医者様と言えます。

医療線(メディカルライン)

医療線

医療線は医療関係者の手に出ると言われる線。相手を思いやる優しい心の人です。献身的なお医者様タイプです。

ただし、全てのお医者さまが医療線持ちというわけではないようです。

生命線が外側に張り出している

生命線が外に大きく張り出している

長時間労働や夜勤もこなせる体力があります。
外科医や緊急医療に携わる医者なら、是非欲しい一線です。

まとめ

いかがでしたか?資格取得が人気の今の時代ですが、実際は生涯有効な資格なんて数少ないもの。その中の一つが医師免許です。

最難関の資格ですから、手に入れた時の満足感は大きいでしょうね。
その自信で是非、患者さんを救ってあげて下さい。

スポンサーリンク



シェアする