バンコクで手相鑑定はいかが?

日本人手相師が貴方の手相を読み解きます。本当の自分を知るきっかけに。

詳しくはこちら

文章力のバロメーター、ライター線(作家線)

この記事は約1分で読めます。

ライター線(作家線)

知能線の先端から、同じくらいの短い支線がぴょんと出て二又になるのがライター線です。

文章力や表現力・創造力、企画・立案能力があるので、そのことから『作家の分岐』とも呼ばれています。

ライター線を持つ人は、文章で人に認められる確率が高まります。元々の書く才能はもちろんですが、新たに書くことを学んでいる人にも出てきますよ。

今、ライター線がなくても修行を積むことで文章が上達しライター線が現れることも。ある意味、ライター線は文章能力のバロメーターなのです。

もしも作家など文章で生きる道を目指しているのなら、ライター線が出ているか、これから出てくるか見守ってください。

あなたの文章修行に対する頑張り具合が判りますよ。

ちなみに、先端の二又が長いと『優柔不断な知能線』という別の意味合いになります。ライター線は数ミリの二又ですよ!

ライター線の適職

小説家、コピーライター、フリーライター、翻訳者、詩人、俳人、新聞・雑誌記者、ブロガーなど、文章をあつう仕事に適性があります。

すでに文章をあつかう方面に行きたいと考えている人のはず。是非、あなたの才能&努力を活かしてくださいね。

手の線


☆この記事があなたのお役に立ちシェアしてもらえたら嬉しいです♪

フォローされると喜びます♪♪♪
ミセスKの手相鑑定