◆メール手相鑑定は随時ご利用いただけます。

◆バンコク対面手相鑑定は要予約です。
バンコク対面手相鑑定

占いを信じなかった私が手相に目覚めた話

手相とは

今では手相大好きなミセスKですが、その昔は占いなど全く信じない人間でした。雑誌の占いで当たったことなんて一度もなかったので。

一時期、占い好きの友達に誘われ占ってもらったこともあるんですが、それも当たっているとは思えず。。。

「あなた、冷え性でしょ?」

と言われても、大方のOLさんが冷えやすい環境にあると思うんですよね~。
どうでしょうか?

そんな私が手相に目覚めたのは、結婚&出産後しばらくたってから。専業主婦から30代後半で社会復帰を果たしたのは良かったのですが、当時、再就職先の仕事が自分には全く合ってないと悩んでいました。

再就職先では頑張っても頑張っても失敗ばかり。
後から入った後輩にはひょいと追い抜かれ、体調も崩すし、家庭との両立も難しい。

ある日ふと手のひらを見ると、とある線が真っ赤に光っていたんです。しかも両手。何だろう?と思ってネットで検索してみました。

そしたらその線は『人気線』または『引き立て線』と呼ばれる線で、誰もが持っているわけじゃない線だったのです。

なぜ自分に人気線があるんだろう? かなり不思議な気持ちがして、手相に興味を持ちました。なぜなら私、かなり地味なタイプなので。

ピカピカ光る自分の手相を見つけたのがきっかけで
手相の勉強をスタート。

両手に『人気線』『自己アピール線』『土星環』『仏眼相』。

右手が『仮性ますかけ線』で、まっすぐに伸びた知能線が同じくまっすぐ伸びた感情線と接しガクンと折れ曲がる。たまに『直感線』が出てくる。

全体的に観ると、企業の中で働くよりも周りからの支援をもらいながら、自分の趣味を生かした事業を個人で起こすほうが伸びる大器晩成型。スピリチュアル的な要素も強く出ています。

また、
右手頭脳線に島というスランプに陥る印が出ていて、今しばらく仕事の運気が良くないこと。
運命線から今後2回は大きく生活を変えること、などが読み取れた結果、

雇われの事務仕事は長く続ける仕事じゃないんだろうと退職することにしたのです。

現在は、手相を含めた趣味に没頭しながら飛躍の時期を待っている状態。

退職後、金銭的余裕はそれほどありませんが、国内小旅行にも行けるレベルに生活は出来ているし、仕事を辞めて今のところ損したことはありませんでした。

結果が出るまでにはまだ時間があるので、これから少しずつ(自分なりの)成功への道を進みたいものです。

スポンサーリンク



シェアする