第二火星丘は、内に秘めた忍耐力を観る手相の丘

この記事は約2分で読めます。

第二火星丘とは

第二火星丘(だいにかせいきゅう)とは、手の平の中央部の小指側、感情線の直ぐ下の場所のことです。

精神力・忍耐力・克己心・正義感など、自分自身と戦う内に向かったエネルギーを表します。

先にご紹介した外にパワーを向ける第一火星丘とは、エネルギーの向かう対象が違ってきます。

分かりやすく言えば、自分を見つめる内向的な意味合いを持つ丘ですね。

第二火星丘が盛り上がる・縦線がある

どんな困難も乗り切る自制心と忍耐力、防御力など、精神的強さがあります。

しかし、あまりにも発達しすぎると頑固者で反抗心が強くなりますので注意してください。

第二火星丘が平坦・縦線がない

臆病なところがあって自分を抑える力と精神力が弱い人です。少し幼い性格とも言えます。

身の回りの小さな事からでも良いので、問題から逃げずに取り組む姿勢が大切ですよ。

第二火星丘の線

仕事線

仕事線

第二火星丘のもつ内向きの忍耐力や克己心といったパワーは仕事線にも現れます。

反抗線

反抗線

反抗線は、反骨精神旺盛な人の手に現れる線。

仕事線と反抗線は区別がつきにくいですが、反抗線は手の側面から刻まれ手の平には短く刻まれます。仕事線は手の平にやや長く刻まれる線です。

知能線

第二火星丘まで到達する知能線は、長い知能線になり、論理的で思慮深い理系タイプですよ。