スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビア・ラシビアは自由奔放な浮雲の手相

この記事は約2分で読めます。

ビア・ラシビアとは

ビア・ラシビア

ビア・ラシビア(Via Lasciva)とは、空の上をふわふわと自由に漂う雲のこと。型にはまった生き方を好まない、自由を愛する手相線です。

ビア・ラシビアは小指側の手首に近い部分に横に伸びる線、イマジネーションの丘である月丘で横に伸びる線ですよ。手の甲から手の平に向かってまっすぐ綺麗に伸びています。見た目綺麗な線ですよ。

好奇心旺盛で、型破りな自由人。束縛やルールが大の苦手です。4字熟語で表せば、ズバリ!『自由奔放』

気の向くまま人生を生きる人なので束縛やマニュアル的な職に就くとストレスを溜めることになりそう。

すでにビア・ラシビの特徴である自由な活動を始めている人もいますが、(今はまだ檻の中だけど)強く自由を渇望している人に出てくるようです。

ビア・ラシビアと間違いやすい手相線

放縦線

ビア・ラシビアと同じ月丘に出る横線が放縦線

見慣れないと区別がつきにくいでしょうが、放縦線は手の平のみ。また、放縦線はぼやけていたり美しい線とは言えませんが、ビア・ラシビアは綺麗な線で、観ていて嫌な感じはしません。

ビア・ラシビアの適職

適職は自由業です。お勤めであれば転勤転属が多い流動性のある職種か、外回りの職がいいでしょう。

でもビア・ラシビアをお持ちならば、就職や転職を考える前に、自由業で生きていけないか考えてみましょう。

人生は楽しむためにあるもの!そんな生き方のビア・ラシビアという手相が私は大好き。

ビア・ラシビアさんは、枠に囚われずのびのびと人生を楽しみましょう♪

ビア・ラシビアを持つ人のイメージ

ビア・ラシビアを持つ創造上の人物と言えば、『ティファニーで朝食を』のホリー・ゴライトリー。映画ではオードリーヘップバーンが演じてましたね。

ほかにも『麦わらの海賊団』とか、『ちびまる子ちゃん』とか、『スナフキン』とか、『フウテンの寅さん』などなど、自分の好きに対して忠実に、自由にふわふわ生きるキャラクターたちですね。

ビア・ラシビアの開運ポイント

1ヵ所に根を張る生活は苦痛でしょうから、自由に動けるポジションを狙いたいもの。

自由に動くために必要な生活力と精神的強さを身につけることが開運のポイントです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
手の線ビア・ラシビア
スポンサーリンク


☆この記事があなたのお役に立ちシェアしてもらえたら嬉しいです♪

フォローされると喜びます♪♪♪
ミセスKの手相鑑定