仏眼相でスピリチュアルな第六感を!

仏眼相(ぶつげんそう)

仏眼線
親指の第一関節の線が目のような形、アーモンド型に囲まれていれば仏眼相です。

仏眼紋(ぶつげんもん)/仏眼線(ぶつげんせん)/仏心紋(ぶっしんもん)/念力相(ねんりきそう)などとも呼ばれています。

持っていると嬉しい相の1つで、第六感が働くスピリチュアルな人にでます。

仏眼相を持つ人は

一般的に仏眼相持ちの人は、

◆人一倍記憶力が良い人
◆霊感・超能力がある人
◆高い目標を意識と野心を持った人
◆人生の事象から気づきや悟りを得やすい人
◆スピリチュアルな家系出身者
◆人徳がある人
◆先見の明があり願いを叶えやすい人

しかし、これら全ての能力があるわけではなく、どの能力が出るかはその人次第。唯一共通して言えるのが、スピリチュアル的な手相の一つということくらいです

私の解釈としては、

仏眼相の持ち主の成長のために

スピリチュアル的な力が

持ち主に記憶力や霊感などを授け

試練を与える

そんなイメージの手相なんです。

そのため普通の人よりも苦労している人も少なくないぶん、その苦労を乗り切ることで人として成長していくようです。

宝くじが当たらない相?!

たまに「仏眼相があれば宝くじ当たりますか?」などと質問されることがありますが、仏眼相持ちの人は、ある分野では勘が働いても、くじ運などのくじ運とは関係ないと思われます。逆に、下手に宝くじが当たって運気を下げてしまわぬように、当たらないよう守られているのかもしれません(笑)

そう言えば、高額納税者番付の常連だった斉藤一人さん曰く、ギャンブルなどで大金を得た人は運が良いとは言わない、そうです。

ギャンブルや宝くじなどで大金を当てるとその分運気が落ちてしまい不幸になりやすいから、当たらない人の方が運が良いのだとか。

そう考えると仏眼相や神秘十字は宝くじ当選から遠い存在かもしれません。。。

仏眼相を上手に活用する

仏眼相の威力が発揮されるのは
・長く興味を持っていること
・深く掘り下げて勉強したこと
など、自分が強く関心を持つことに対してです。

もしもビジネスに興味があり深く勉強していればお金持ちに成れるかもしれませんね。

適職をメインに手相を観ている私のところに手相鑑定をご依頼される方は、仏眼相持ちが多く、そして、これまでの仕事や生き方に違和感を感じていた!というご相談が多いです。

仏眼がアラームを鳴らしていたのかしら???以上のことから、仏眼相を持ちの方は興味ある分野を極めると最大限に効果を上げて大成するようです。

時代の流れが仏眼相を求めた?

手相鑑定を始めて気づいたことの一つとして、意外と仏眼相持ちの人が多い!ということ。

仏眼相ってレア相じゃないの???って私の鑑定が間違ってるのかしら?と悩んだ時もあったけれど、最近ではただただ、

仏眼相は今の時代に必要だったから、仏眼相持ちの人が増えた、と解釈するようになりました。

多くの人が感じていることでしょうが、現代は時代の潮目。大きく世の中が変わっていく時期。

スピリチュアル的なことだけじゃなく、実際に、働き方とか結婚・子育て方とか老後とか、世の中が大分変ってきてるのは確かなこと。

その時代を生きるために、成長を促す仏眼相持ちの人が増えてきたんじゃないかなーと、考え方を変えたのであります。

変わった価値観を持つ離れ型知能線を持つ人も増えている印象ですし、時代によってレアな手相も変わってくるのかもしれませんね。

仏眼相を持つ人は苦労する人が多いですが、人生を俯瞰してみれば吉相です。お持ちの方は、どうやって仏眼相を活かすか? よく考えて行動してくださいね。

スポンサーリンク



シェアする