◆趣味として始めた手相ブログ。プロ手相師としてスタートした際に読者の方にご協力頂き、手相鑑定を掲載いたしました。他にも手相線の解説などありますのでご覧ください。
※メール手相鑑定&バンコク対面手相鑑定やってます。⇒ミセスKの手相鑑定
◆趣味として始めた手相ブログ。プロ手相師としてスタートした際に読者の方にご協力頂き、手相鑑定を掲載いたしました。他にも手相線の解説などありますのでご覧ください。
※メール手相鑑定&バンコク対面手相鑑定受付中。
ミセスKの手相鑑定

家族の幸せが一番!専業主婦向きの手相

一見、楽そうに見える専業主婦にも向き不向きがちゃんとあります。
(しかも本気でやると大変な仕事です!)

専業主婦に向いている人といえば、家政を取り仕切る能力のある人、安定を好む人。

家に篭ることがストレスではなく、自分のことよりも家族の幸せを一番に考える、サポート役が向いているとタイプです。

そういう観点で見てみましょう。

一途な感情線

人差し指と中指の間に向かう感情線

この『感情線』は世話を焼くのが好きで、家庭的な性格の持ち主。家族第一で考え家庭を守ることに情熱を注げる典型的な良妻賢母です。

感情線の先端がフォーク状に3つに分かれている

上記の感情線以外に、別の形の感情線も専業主婦向きですよ。

いわゆる「あげまん線」です。世話を焼くのが大好き!家族を幸せにする人柄があります。

感情線の先端が小さくフォーク状に枝分かれしたものをいいます。感情のパワーが強くて、先が枝分かれしたとお考えください。そのため愛情豊な人と言えます。

一つ気をつけたいのが、何でもやってあげて家族を甘やかし過ぎないように!

標準的な知能線

一般的な知能線

生命線』から出発し『月丘』の上に向かう『知能線』は標準的な知能線。

常識的で愛情深いタイプ。ある意味平凡な人生を好み、万人から信頼される人です。

妻として、母として、申し分ない女性の知能線です。

運命線が薄い、ない、途中でストップ

基本3線

運命線』が薄い人、ない人、途中でストップしている人は、自力で世の荒波に乗り込むタイプではありません。悪く言えば主体性がない人。

でも夫婦というチームを組み夫をフォロ―する仕事には向いています。ご主人に守ってもらう生活がお似合いの方です。

また、運命線が火星平原でストップしている人は、若い頃は働いていても、結婚や出産を機会に専業主婦になる確率高し!

生命線がぐるっと内側に回りこむ

金星丘を取り囲む生命線

この『生命線』を持つ人は、保守的で安定を好みます。平凡な日々の中から幸せをみつける事ができる人です。

スタミナも少なめなので、外でバリバリ働いて体力を使い果たすよりも、家庭に愛情を注ぐという働き方の方が合ってますよ。

薄い運命線が月丘から伸びる

月丘から上る運命線

図では線をくっきり描いてますが、『月丘』から中指の下の『土星丘』に向かって”薄く”出てくる『運命線』に限ります。

あまり強すぎると、自分で運命を背負って生きる運命線になるので、専業主婦向けならば薄いことが必須。

この運命線は周りの人から愛され支えられるタイプですよ。

社交上手なのでご近所づきあいにも適しています。子供との公園デビューもなんのそので楽しめる人です。

薄い聖職紋

聖職紋

聖職紋』は人を教えるような立場の人向きの手相です。図よりも薄く現れているのがミソです。ボランティア精神に富み、無償の愛を与えられますが、あまり強すぎると職業として人助けをするタイプになります。

* * *

もちろんこの手相ではない専業主婦も沢山います。
ただこの手相だとストレスなく専業主婦ができるタイプです。
温かい幸せな家庭を築いてくださいね♪

職業別の手相
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
ミセスKの手相鑑定