財運線(金運線)一覧

【手相鑑定】海外か結婚か@その4~ご質問への回答

手相的に観れば、しっかりした個を確立した人ですし、運命線・太陽線・財運線がくっきりしているのでお仕事で高い成果を挙げられると読みました。どちらか一方を選ぶと言うなら、主婦・母親業に励むより仕事人として活躍する方が吉。もちろん両立も可能なほどパワフルな方です。海外で夢を実現するだけのパワーと能力と運とやる気をお持ちです。

財運線の解釈

と言うのも、金運を主に観る財運線ですが、よく見かける一般的な、「複数本同時に出ている細く短い財運線」に対してのご説明を、「最低限度の生活は成り立つ人です」とお伝えしていたのです。あなたは「最低限度の生活」と聞いて、どんな生活状態を想像しますか???

財運線で金運チェック!

財運線は、別名、金運線(きんうんせん)とも呼ばれます。 数ある手相の中でも、手元に残る財産をみる線です。 小指のつけ根(水星丘)に向かって伸びる縦線です。しっかりとした財運線は、土地・不動産や株、金銭などの資産形成能力を意味し、 ビジネス能力が高く、財産を蓄え財政的なゆとりを表します。

金運と伝達能力を観る!水星丘

水星丘はお金と伝達・コミュニケーションの丘です。富・財産・商才・伝達能力・文才などを観ます。小指の下の、ふっくらと盛り上がっている場所がそれです。伝達能力不足で人間関係が苦手かもしれませんね。社会に出たばかりの若者ならいざ知らず、ある程度の年齢で水星丘が平坦だったり縦線がない場合は、 金運も良いとは言えないです。