運命線一覧

大器晩成の手相~運命線のY字

土星丘(中指のすぐ下のふくらみ)に向かう線はすべて運命線。運命線の終点は土星丘に到着してなくても、土星丘方面です。若いころ活躍して晩年はのんびり過ごす方の場合、土星丘まで運命線は伸びてきません。

手相で転職に良い時期は?

手相には流年法といって、手相の線上に現れたサインがいつ起こるのか?を観る方法があります。ちなみに運命線だけでなく、基本3線と言われる生命線、知能線、感情線それぞれに流年があります。転職に良い時期を教えてくださいというご依頼の場合、まず先に、転職した方が良いかどうかを手相全体から観て、転職しても良さそうなら、運命線の流年などから良い時期を観ます。

【手相鑑定】海外か結婚か@その4~ご質問への回答

手相的に観れば、しっかりした個を確立した人ですし、運命線・太陽線・財運線がくっきりしているのでお仕事で高い成果を挙げられると読みました。どちらか一方を選ぶと言うなら、主婦・母親業に励むより仕事人として活躍する方が吉。もちろん両立も可能なほどパワフルな方です。海外で夢を実現するだけのパワーと能力と運とやる気をお持ちです。

【手相鑑定】定年退職後の進路その4@中高年の再就職は

中高年が他業界の高いポジションに転職するならコネクション、営業能力、マネージメント能力などが必要でしょう。不動産会社への転職ですが、銀行から不動産会社への転職者に求められるのは、人脈・営業力か顧客のローン審査を通りやすくさせるための 銀行への影響力などだと私は想像します。

強い運命線が出るのも良し悪し

運命線は人生のシナリオ。運命線を見ることでどんな人生を歩むのかがだいたい分かります。運命線は中指の下に伸びていくもので、古い考え方であれば、手首側からまっすぐ伸びるのが吉とされています。しかし・・・。人それぞれ何が幸せかわ違ってくるように、どんな運命線が良いのかは、基本的のその人の価値観によって変わってくるのではないでしょうか。

【手相鑑定】ミミさんその2@土星環などの手相解説

手相の解説を先にお伝えしますがその前に、頭に入れてほしいのは、手相は変わります。ご本人の気持ち次第で、数日で変化することもあります。そのため良い手相を持っていても、心がけが悪いと運勢が悪くなったり、逆に悪い手相が変化し良い人生になったりします。では早速、見ていきましょう。