手相師Kのひとりごと

手相師Kのひとりごと 手相師Kのひとりごと
手相師Kのひとりごと

なぜ『ハウルの動く城』ソフィーが人差し指に指輪をはめたのか?

社交的な母や妹と違って地味で内向的、私なんて無理よと思い込んでいたソフィー。そんな彼女がおばあちゃんとなった荒れ地の魔女やヒンを守るため、マルクル達が待つ家へ帰るときに人差し指のリンクが導いてくれたというのは、手相学的にみて当然と言えば当然。
手相師Kのひとりごと

何かを手放し、前向きに生きることのむずかしさ

実現が難しい夢や希望 手相鑑定をしていて、一番むずかしいなーと思うことがあります。 それは、何か夢や目標を諦めるしかない状況の人に、その事をお伝えすること。ご納得していただくかどうかは、ご本人さま次第ですが、やはり私も...
2019.05.17
手相師Kのひとりごと

いまさらだけど仮想通貨について考える~2019年

投資や投機に向かない人が、ブームに乗って仮想通貨に手を出すことには強く反対するのだけれど、仮想通貨の将来に対しては、いつかは世界中に認められるんじゃないかと予想しています。でも仮想通貨にもいろんな種類があり、どれが残るかまでは分かりませんし
2019.05.16
手相師Kのひとりごと

GW!バンコクで対面手相鑑定はいかがですか?

もうすでに、日本は最大10日間のゴールデンウィークに突入したんですね。 まとまった休み、海外にお出掛けの方も多いと聞きますが、私の住むタイランドに来られる方。旅の思い出に、 バンコクで手相鑑定はいかがでしょうか? ...
2019.05.16
手相師Kのひとりごと

結婚したって孤独~マツコが送る言葉

メール鑑定ではお顔は見えないわけですが、バンコク対面手相鑑定でお会いする「結婚したいと考える独身者」はなかなか魅力的な人たちが多いんですよね。これだけの能力と可能性を秘めているなら結婚に執着するよりほかに力注いだ方がいいんじゃないかな、って思わせるほど能力があったり。
2019.05.16
手相師Kのひとりごと

小池一夫先生から学んだ3つのこと

私には何人かのメンターがいて、その方たちとは直接お会いしたことはないのだけれど、著書やネットを通じて、その人たちの考えや生き方を学び、自分を少しずつ変えてきました。私は昔、とても精神的に弱くて後ろ向きな人間だったのです。それでもメンター達の言葉によって
2019.05.16
手相師Kのひとりごと

これから結婚したいと考える人へ手相師から伝えたいこと

私の手相鑑定を受けてくださる既婚者たちには、夫婦生活・結婚生活順調という人が少なくありません。夫(妻)に感謝しています、今でも仲いいです。そういうお話は、聞いている私まで温かい気持ちになりますね。2人で精神的・身体的・金銭的問題を乗り越え、
2019.05.16
手相師Kのひとりごと

手相師も分からない、私の手の中の知らない手相

その線は手相書にも出ておらず、いろんな手相師さんに観てもらっても「判らない」「初めて見た」と言われる線。その線の意味するところを解読するためには、自分の周りの人の手相を見せてもらうだけでは足りず、広く多くの人の手相を確認する必要があったからなんです。
2019.05.24
手相師Kのひとりごと

日本人の読者モデル代が異常に安すぎる

日本人って仕事頑張ってるな偉いな。テキトーに手を抜いてる日本人もいるけれどスーパーのレジ打ちパート主婦(週3回短く労働程度)でも、タイで働けば主任クラスの責任ある仕事ができそうだなーと思えるくらい、日本人とタイ人の仕事に対する姿勢は違う。
2019.05.24
手相師Kのひとりごと

組織で働けるのも一つの才能

私は今、フリーランスの道を歩んでいますが、フリーランスも起業と同じく向き不向きがありますよ。もちろん手相にはその辺が出てくるんですが、手相を知らなくても自分がフリーランスに向いてるかどうか判断する方法があります。まずは試しに、自分で自分に
2019.05.17