◆メール手相鑑定は随時ご利用いただけます。

◆バンコク対面手相鑑定は要予約です。
バンコク対面手相鑑定

変わり者な手相たち

変わり者は褒め言葉

先にお断りしますが、『変わり者』『変人』『変わった人』という言葉は今の時代、褒め言葉だと考えております。

大学出て企業に入社して60才で定年後はのんびり生きる、という皆と同じレールに乗って生きてればIt’s Okayな時代だったら、『変わり者』=『集団に馴染めない人』=『鼻つまみ者』なのかもしれません。

が、今は皆と同じに生きられない時代なので、『変わり者』=『他者とは違った何かを持つ人』=『上手くいけば希少価値を世の中で発揮できる人』というふうに捉えています。

もちろん、ただの変わり者で終わってしまう人もいるのですが・・・。

変わり者になりやすい手相たち

変わり者かどうか、手相からも分かります。

それでぱっと見て「この人変わっている人なんだろうなー」と思う手相4つをご紹介します。

土星環(どせいかん)

土星環持ちは自分だけの時間&空間が必要な人。24時間、誰かとずっと一緒に行動するなんて無理。

集団からは一歩引いた態度になりやすく、「何考えてるか分かりづらいよね~」なんて周りに言われやすいかも。

個人プレーができる環境で、コツコツと興味あることを探求できるなら、いい仕事する人なんですが。。。変り者、とっつきにくい人と見られがちですよね~。

ちなみに私も持ってます(^_^;)

離れ型知能線(はなれがたちのうせん)

一般的に、知能線(頭脳線)は生命線とくっついて出ています。

生命線と離れて出る知能線、つまり離れ型知能線は「普通とはちょっと違った物の見方をする人」を表します。

いわゆる変わり者なんですが、

その変わり者ぐあいは、どれくらい生命線から離れているかで現れます。

図のように、離れているのが一目で分かるくらいだと「相当な変わり者」。一般的な企業でのお仕事は心がかなり疲れちゃうでしょうね。(形状や終点の方向などでも変わってきますが)

やや離れているくらいなら、内に「変り者センサー」を秘めつつも、適度に周りに合わせることもできますが。

離れ型ますかけ線

離れ型知能線も変わり者ですが、それに輪をかけて変わり者と言えば、離れ型ますかけ線。

ますかけ線は「天下取りの相」として、ちょっと名の知れた手相で、社長とかアスリートとか芸能人に多く見かけます。普通は知能線と感情線の2本あるべきところを、1本だけで知能線&感情線を表します。それだけでも変わってるんです。

離れ型ますかけ線は、「変り者」の素質十分なますかけ線に加え、生命線から離れて出発するという、相当変わった形。文句なく変わり者と名乗れるほどの変わり者なはず。

下に垂れた知能線

図のように生命線に沿って下に垂れた知能線も変わり者です。

どんな風に変わっているかと言えば、

『独特の世界観』、『独特の審美眼』を持った人。

その価値観は、分かる人には分かるけど、一般人には理解が難しいものだったりします。アーティスト系の変わり者と言えるでしょう。

もしも『離れ型』の『下に垂れ下がった知能線』であれば、かなり独特の感性を持った人なはずですよ。

スポンサーリンク



シェアする