投資をするなら気をつけたいこと

みんなが気になる金運

手相鑑定時によく聞かれる質問が、金運 。

前回の記事『お金~いくらあっても足りない感覚』にも書きましたが、3人にお一人くらいの割合でご質問いただきます。やっぱり気になりますもんね。

金運=お金を得る運、とひとくちに言ってもいろんなパターンがあります。

大きく分けて3つ。

・宝くじや遺産相続で大金を得る

・自分の仕事で稼ぐ

・投資をして稼ぐ

今日は投資について私が思うことを書きます。

投資を考えるなら

株にしろ、不動産にしろ、FXにしろ、仮想通貨にしろ、投資で失敗したいために必ず覚えておきたいことは3つ。

基本的なことなので、「何を今さら」と思われる方も多いと思いますが、一部の方によく考えて欲しいので書きますね。

1.信用取引(借金)しないこと

銀行から資金を融資してもらって不動産投資や仮想通貨につぎ込む人をテレビなどで紹介しています。いわゆる信用投資ですね。信用取引=借金なんですけども、言葉を変えるとインテリっぽいですね。一部の投資初心者が、信用取引が通常のやり方のように思ってしまうのは危険だなぁーと思います。一時的にならその方法で儲ける人もいるかもしれませんが、長続きするのは難しいはずです。

景気は循環します。

今は(実感ないけれど)好景気ですが、そのうち落ちます。世界的に有名な投資家のウォーレン・バフェット曰く、

「借金せず冷静さを保てれば、暴落は好機になる」

金銭的にに余裕があれば心の余裕も生まれます。パフェット氏は投資費用を借金して調達することは、それが少額であったとしても、恐ろしいニュースに触れたら適正な判断は下せなくなるから反対なのだそうです。

2.余剰資金で投資すること

自己資金だったとしても、数日、数か月、2,3年後に必要な生活費を投資に回すのはNGです。

何故かと言えば、いつ相場が値動きするかは誰にもわからないから。

市場が上がり留まっていたほうが良い時期に、生活資金が必要になり、市場から撤退して現金に替えなくてはいけなくなったら、、、投資した意味が薄くなります。手数料ばかり取られて損する可能性も。

投資をするなら余剰資金を投資に回すのが一番です。

3.買い時と売り時を考えること

買い時を考える

サブプライムローン(米国の住宅ローン)破綻時には、多額の借金を抱えて自宅を手放し損した人が大勢いる反面、

その後に抵当流れの住宅を、安く手に入れ得をした人たちもいました。

ビッドコインも2016年までに購入していれば、儲かったんでしょうけどね。

売り時を考える

米国元大統領ケネディの父で、ウォール街で大活躍した相場師ジョセフ・ケネディは、

靴磨きの少年までが株式の話をしだしたことで、株式市場の非正常さを見抜き、大恐慌前に株を処分して、事無きを得ているんですよね~。

今は売り時?買い時?

日本の地価は前年より上がってますよね。
日本の平均株価は前年より上がってますね。
ビットコインも3年チャートでみてかなり上がってますね。
ドル-円は10年単位でみてドル高円安傾向ですね。

2018年6月現在、私だったら投資に新規参入はしないです。自己資金も大してないですし。逆に売れるものがあれば良かったのですが(-_-;)

手相でみる投資のタイプ

では最後に、手相で真逆な考え方を持つ投資タイプを見てみましょう。

石橋を叩く慎重なタイプ

石橋を叩く慎重なタイプを手相で表すとこれ。

生命線の途中から知能線(赤)が出発するタイプ。あまり冒険をしない慎重派。

石橋を叩くタイプの人が安全な運用をしたいならば、最低でも2年間無収入でも生活できるだけの貯金をして、それでも余ったお金で始めるのが良いんじゃないかな。

心の平安を得るためにも、ローリスクな投資を探しましょう。

いますぐ投資を経験したいタイプ

コツコツ貯めるんじゃいつまで経っても投資なんてできないよ!という人もいるでしょうね。

生命線から離れてスタートする知能線を持つ人は、冒険好きなタイプ。

もしもあなたに家族を養う義務がないなら、遠回りせず今すぐ投資にチャレンジするのもアリですが、リスクについてもちゃんと調べてから始めましょうね。

このタイプが投資でやっていくためには、コケても立ち直れる強さが必須です。

最後に

ほかにも手相によって(性格などによって)投資には向き不向きがあると思います。

私はご相談者様から投資についてご質問が多いので、いろいろ調べてみましたが、自分には投資は無理だと実感。

投資の能力がない人もいるってこと、肝に銘じておきましょう!

手相師として投資能力より透視能力のほうが欲しいわ(笑)

スポンサーリンク



シェアする