手相師の読解力と読書のススメ

ほかの占いは分からないけれど、手相に限って言えば、読書が苦手という人は、手相を読めないだろうなーと思います。

読書は読解力をつけるための重要なファクター。

手相に描かれているのは、線やマーク。それ以外に手の大きさや形、色つやなど観るわけですが、すべてを組み合わせ、相談者さんからのお話を聞いて解析したうえで、やっと答えを導き出します。

ますかけ線があれば成功するとか、金星帯があるからモテるとか、島があるからアンラッキーなどと、一カ所を観て決めつけることはできません。全体を観て読み解いていきます。

それなので読解力が必要。

この手相は何を伝えたいのかな?って、一つの線だけでなく、手相全体を読解するのです。

たまに翻訳本などで意味の分からない文章に遭遇することがあります。分野によっては翻訳がとてもむずかしいのは分かりますが、それでも、翻訳者の上手下手ってあるんだなーと、語学苦手なことを棚にあげし、「この翻訳者は外国語は得意だけど、日本語が苦手なのかしら?」と想像してしまいます(^_^;)

「手相師になりたいですが、何を勉強すれば良いですか?」という質問をいただくときは、迷うことなく「読書をしましょう」とアドバイスを差し上げます。手相本だけではなく、啓発本や伝記、各種小説など、雑多に読んでおくこと、が重要です。

たとえ手相師にならなくても、読書で世界を広げるのは、ネットが発達した現代でも有効な学びの手段。読書人口が減っている現代、人と違ったスキルを身につけたい人にもお勧めですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする