等身大の自分を受け入れること

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※

直前に空きが出たので告知します!
バンコク対面鑑定
11月25日(土)9:30~12:00受付中です。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※

吊り合わない相手を探しちゃうのって・・・

仕事探しもそうだけど、恋人&結婚相手を探すときにも大切なこと。それは等身大の自分を見極めることじゃないでしょうか。

白馬に乗った王子様を捕まえたいなら、それ相応の女性じゃないと厳しいし、仮に棚から牡丹餅的に捕まえても、結婚生活続けるうちに辛くなるはず。

逆に「あなたならもっと素敵な人が捕まえられるはずなのに……どうして?」って言われるような、残念な相手を捕まえちゃうのも、後々、結婚という双六ゲームが進むうちに、険しいコースを歩まなくちゃいけなくなりそうです。

間違ったパズルのピースを無理やり押し込めるような相手探しに陥らないためには、等身大の自分を見極めることが大切ですよ!

等身大の自分に目を背けたくなる気持ち

私も40代半ばになり、自分の限界が見えてきました。それでもやっぱり、等身大の自分=飾りを取り払ったあるがままの自分に向き合うのは……痛い時がありますね( ;∀;)

神でも仏でもない生身の人間のため、いつでも正しい生き方をしている訳じゃない自分。イライラ気分を家族にぶつけてしまう自分。鏡の前に映るシミだれけの自分。。。あーあ、最も自分を知る自分だからこそ、等身大の自分に目を背けたい気持ち、大いにあります!

でも等身大の自分に目を背け、ピチピチ20代という幻想の自分に生きちゃって、痛いおばさんになるのも怖い。2017年にアムラーファッションの40代とか・・・さすがにそんな無謀なことはしませんが(^_^;)

本当の自分に目を背けることって、よりいっそう痛い自分になっちゃうことじゃないでしょうか。

自分に自信がないから等身大の自分を受け入れられない

等身大の自分を受け入れられない理由として、『自分に自信がない』ことが挙げられます。

村上春樹の小説で、庶民的な家の子なのにお金持ちお嬢様校に通ってしまった女の子が、お金持ちの子たちは「私、お金がなくて」って平気でサラッと言えちゃうけど、自分は言えなかった、と告白します。たしかに、周りが自分とは次元の違うお金持ちだらけなら、怖くて本当の自分について言えなくなるでしょうね。

自分に自信が持てず本来の自分を出せない生活を続けるのって、特に思春期の子にはつらいこと。それがきっかけで自分のすべてに自信が持てなくなるのはモッタイナイです。

彼女が近所の公立校にでも通っていたら、そこまで悩む必要はなかったのかもしれません。どこに自分の身を置くか、どんな体験を積むかは、自信を持つためにとても重要なことなのです。

等身大の自分を受け入れた後ならば

もちろん自分を高めるために、自分よりワンランク上の世界に飛び込むことも大切です。何かを成し遂げたいなら、逃げや守りばかりでは駄目。居心地の悪い上の世界に自分を放り込む必要があります。

でもある程度、等身大の自分を受け入れてからのほうが良いんじゃないかな。

苦しみは人間を強くするか、それとも打ち砕くかである。その人が自分の内に持っている素質に応じて、どちらかになる。・・・カール・ヒルティ(スイスの哲学者)

等身大の自分を受け入れた後、自分はこの程度の人間だけど、もっと成長したい!って気持ちが芽生えたなら、上のステップに進めばいい。人にもよるけれど、心が弱く、立ち直る力がないうちに、荒波に飛び込むのは一か八かの賭けのようなものだと思うから。

(本人はそう意識してなくても)自分に自信がなくて、自信をつけるためにハイレベルな職業を目指す人がいるけれど、打たれ弱い内面をお持ちであれば、まずは自分のレベルに合ったステップから始めてみてはいかがですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする