報われる努力、報われない努力

8月26日(土)バンコク対面手相鑑定募集中です!

努力するのは素晴らしい

けっきょく、努力なくして何かをなすことはできない、と思います。

いくら天才でも努力は必要。

神童・モーツアルトも小さな子供の頃から音楽の英才教育を受けてます。何もせず、天才の称号を得たわけではありません。

きっとモーツアルトはピアノのレッスンを努力だとは思わなかったでしょうが、努力することは自分を鍛えること。たとえば少年漫画の王道は、強い敵に立ち向かうため、修行という名の努力を重ねる主人公が必ず描かれてます。才能やいまの状況に胡坐をかかず、よりよい自分を作ろうとする姿勢は素晴らしいですよね。

間違った方向への努力はダメ

努力するのは素晴らしい。ただし!正しい方向への努力に限ります。何でもいいから努力さえすれば良い、というわけじゃありません。間違った方向へ努力している人を見かけますが、どうしてなのかな?というのを考えてみました。

素質のない分野にチャレンジ

どんなに頑張っても、まったく素質のない分野で結果を出すのは難しいもの。

基本、その分野で素質がある人は、上手にできて楽しいから、努力を努力と思わず自然とその分野に必要な努力をするもの。そんな相手と競う場合、勝負しても勝のはともてむずかしいですよね。

フィギアスケートの浅田真央さんも、野球のイチロー選手も、やれば上達できるから、たとえ厳しいレッスンでも楽しくてやらずにはいられなかったと思われます。

情報不足

例えばこれから、安定した高収入を得るために弁護士や会計士を目指すのは得策とは言えません。

20年前なら高収入といわれた弁護士でも、弁護士余りの現在、新規参入者にまで仕事が回って来ず平均年収は下降傾向だとか。また、これからやってくるAI時代、弁護士は仕事が奪われる職業だと言われています。もちろん好きで目指すなら構わないのですが、安定と高収入を目指して選ぶ職業としては不向き。

昔の羽振りのよい弁護士イメージを抱いたまま情報をアップデートしていないと、間違った土俵を目指すはめになります。

正しい方向で努力する

東進ハイスクールで現代国語を教える林修先生の言葉に、

努力は裏切らないっていう言葉は不正確だ。

正しい場所で、正しい方向で、
十分な量なされた努力は裏切らない。

私はこの言葉にプラス、『運』も必要だと言いたい。

◆正しい方向性
◆適切な努力
◆運

この3つがセットになって初めて、努力は報われるんじゃないでしょうか。

運を呼び込むほどの努力

残念ながら、運が悪いとどんなに努力をしても実らない、とも言えてしまいます。とは言え、運を呼び込むことだって(百発百中ではありませんが)出来なくはないのです。

運を呼び込む方法として、自分を信頼し前向きに生きる という法則があります。

心の底から自分を信頼するには、それなりの根拠が必要ですよね。その分野ではだれにも負けないほどの努力をしているなら、おのずと自分を信頼することができ、運が向こうからやってくる可能性は増してきます。

ただ、それだけの努力をやっている人は少ない。私も、だれにも負けないほど努力した経験は恥ずかしながらありません(^_^;) 自分としては努力したつもりでも、ほかの人と比べるとまだまだ、大したことないだろうなーと、客観的に見ています。

正しい方向で、研ぎ澄まされた努力をしていれば、運が向こうから近づいてくるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする