珍しい手相~離れ型ますかけ線

珍しい手相

珍しい手相はいくつかあります。また、珍しいと言うのも主観になりますが、だいたい100人に一人いるかいないか、くらいが珍しい手相だと私は考えています。その珍しい手相の一つに離れ型ますかけ線があります。

先日観せて頂いた方が、この離れ型ますかけ線でした。ホント、強い個性のある方でした。

私がこれまで観てきた経験を振り返ると生命線から離れて出発する離れ型知能線は12~13人に一人くらい。ますかけ線は15~16人に1人くらい。

その二つをかけ合わせた離れ型ますかけ線は、まあまあ珍しいレア手相に入ります。

離れ型ますかけ線は王道ますかけ線

離れ型ますかけ線は、キング・オブ・ますかけ線。王道なますかけ線と言えます。なぜ王道かと言えば、良くも悪くも”ますかけ線”的な性質が色濃く出ているからです。

ますかけ線と言えば、「百握りの相」「天下取りの相」と言われる強い相ですが、打たれ強く頑固で、我が道を行くタイプ、だというのが手相学での解釈です。

とは言え、ますかけ線でも変形ますかけ線などは、ますかけ的気質がマイルドになって、もう少し人当たりが良い感じになります。感情線と知能線が一本になった強いますかけ線でも、周りに気遣いできる人もいます。

離れ型知能線とは、通常、生命線上から出発するところを、生命線から離れて出発する知能線のことを言います。そのため一般的な感覚からある意味ズレている、個性的な思考経路を持つタイプになります。

そのため、ますかけ線であり、離れ型知能線である『離れ型ますかけ線』は、かなりゴーイング・マイ・ウェイな、人とは違った価値観を前面に押し出し他人の意見に動じないような、強い人格を持つ人を表すことになります。

こういう人が新しい時代を切り拓いてくれる先導者になってくれるのでしょうが、あまりにも大勢いると収拾がつかなくなりそう(^_^;)

離れ型ますかけ線は、まあまあ珍しいくらいが世の中のバランスとしては最適だと思います。

♪お知らせ♪

◆メールでの手相カウンセリングは随時ご利用いただけます。
◆対面手相カウンセリングは毎週土曜日バンコクで毎週お一人限定。

メール鑑定お申込み
詳細
バンコク対面手相鑑定お申込み

スポンサーリンク

シェアする