◆メール手相鑑定は随時ご利用いただけます。

◆バンコク対面手相鑑定は要予約です。
バンコク対面手相鑑定

宝くじに当たった時の話

私の宝くじ最高額

日本では、ジャンボ宝くじを買われる人は少なくないですよね。海外在住の私も、たまに帰国時に買っています。

これまでの私の最高額記録は、2018年春にバラで買った10枚の内、300円と3000円の計3300円が当たったとき。3000円に支出で収入3300円ですから黒字でしたが。。。

「手相に金運のスターを描くと宝くじは当たるのか?」という実験のためでしたが、、、結果は「多少は運気が上がる」程度だったようです。

元々の私は「生活に必要なお金には困らないけれど、蓄えるほどのお金は来ない」という手相なので、こんなものなのかも。

金欠だったころの話

その頃、私は金欠でした。

自営業だった夫のビジネスが不調のため、貯金を食いつぶしてやっとの生活。必死で仕事を増やしても追いつかず、家計簿と今後の日程表を眺めると、破綻するのが目に見えてました。

「来学期、子供たちの学費が払えない……」

少人数制の私立校のため学費が高く、家計を圧迫してたのです。

うちの子は幼稚園ですでにプチ登校拒否。思い切って少人数制の園に替えてみたところ、みるみる順応したので、また学校を替えるというのは、精神的にキツイものがあり。。。

その時期は寝ても覚めても、お金をどうやって手に入れるか? 考え続けていました。夫には相談せず、一人で。夫に相談するのはイコール、夫の収入の低さを突くことになるので。

夫が宝くじに当選!

そしたらあと1週間でアウト!という時期に、夫が宝くじに当選!

まさかの奇跡。

現実は小説より奇なりとはこのことか!と思ったものです。

きっとあれは、私の潜在意識が「本気でお金が必要」という情報をキャッチして、私たちにプレゼントしてくれたんだと思うのです。

当選金の使い道は、
・子どもの学費(三分の一)
・夫のビジネス資金(三分の二)
に消えてしまい、貯金に回したり贅沢したりはまったくできませんでしたが、そのぶん宝くじに当たって不幸な結末を迎えずに済みました

そういえば、作家の村上春樹さんも似たような経験があるそうですね。
借金の返済でどうしても3万円が足りなかったときに、目の前にちょうど3万円が道に落ちていて……という経験が。

どうしてもお金が必要で、それが正しい方向で必要ならば、どこからともなく助けがやってくる、と私は信じています。

思い込みって『念じる力』でもあるので、けっこう大切なんじゃないでしょうか。

当時はまだ、手相と出会っていなかったのだけど、きっと夫と私の手には、自然と金運のスターが輝いていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク



シェアする