わが子が負債になるとき

ちょっと前に、
実力派女優の息子さんが逮捕されました。

それよりも前には相模原・障がい者施設での殺傷事件。

成人した人間が犯した許されない罪ですが、
両事件とも、親も社会に断罪されているようです。

私は二人の子どもを持つ親ですが、
「うちの子は大丈夫よ」という信頼と同時に
「もしも我が子が同じような罪を犯したら?」
という身震いするようなことも頭の中では想像します。

子どもや若い人が罪を犯すと、
親の育て方が悪かったから・・・
という風に言われます。

たしかにそれも一つの原因かもしれません。

でも、私もほかの親御さんもみんな、
親業は初めてで

多くの親御さんが
子どもの成長に取り残されないよう頑張りながら
手探りで子育てしているんじゃないでしょうか。

それであんな悲惨な事件を耳にすると、
うちの子はあんな事しない、という気持ちと、
実際は大丈夫なんだろうか???

という気持ちで不安になったり。

自分自身のことは分からなくても、
他人の事はよーく見えるもの。

それで、

私自身が良い親かどうかは分からないけれど、
私から見て、良い親御さんだなーと思う人は、

みなさん子育てに悩まれています。

子育てに100%の正解はないことを分かっているんでしょうね。

甘やかしがいけないのか?
逆に厳しくした方が良いのか?
それともサイコパスな性質を生まれながらに持っていたのか???

ただの覗き見主義のワイドショーとしてではなく、
ほかの人の子育てに役立つ知識として、

どうして犯人が罪に走ったのか?
解き明かしてほしいし、
犯罪を犯した者の親たちには、
これまでの生育歴などを語ってほしいなー。

子どもの頃から今にいたるまで、
どんな性質を持っている子だったのか
などなど。

勇気のいる事だとは思いますが・・・。

ああ、あと、犯罪者の親は、
社会的に断罪されるのはシカタナイ気もします(-_-;)

高畑淳子さんも

>お互い刺し違えて死ぬくらいの覚悟

と語ってますし。

成人した子の責任まで負う必要はないという人もいますが、
万が一自分の子が罪を犯したら、
私だったら一緒に贖罪を背負うでしょうし
他人事として生活なんてできないです。

そういう意味で、
子育ては一生続くもの。

子どもが宝になることもあれば、
負債になることもあるんですよね(-_-;)

もちろん、負債になるのは1億2千万人中のごくわずかで、
多くの子ども達は人類の宝です!

宝物に育つよう、
親は本当の意味での愛をもって
遠くから大人になった我が子を見守っていくしかないのですよね。

最後に今回の件で
・・・兄弟まで未来を奪われるのは可哀想。
犯人の兄弟にはまったく責任はない・・・ですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする