【公開カウンセリング】他者承認欲求の強い50代女性-1

8月26日(土)バンコク対面手相鑑定募集中です!

ブログ公開の手相鑑定。いつもは鑑定の流れに沿って

1.まずはご相談内容
2.ミセスKからの質問
3.質問へのご回答
4.手相鑑定の結果
5.ご相談への回答
6.ご相談者さまからの感想

という順に
メール文をプライバシーを守るように整え
そのまま載せています。

今回は趣向を変えて、メール文は一部のみ掲載し、
私の解説をメインにお伝えします。

簡単なプロフィールとご相談内容

ご相談者さまは50代女性。
ペンネームは、UTAさまです。

亭主関白で時々DVのあるご主人と、
これまでご自分を抑えて暮らしており、
今後の人生、もっと自分を大切に生きたい。
そのためこれからどう生きればいいか?
アドバイスがほしいというご要望でした。

その他にも、

寂しくて優しくされたくて 仕方ありません

というお話でした。

ご相談者さまの問題点

まず、ご相談者さまが普段感じていることをお聞きすると、

>(ご主人だけでなく周りの人が)
私のほうを見てほしいと思っているとき
ほかの方を見ていると孤独というか寂しさを感じる

>優しくされたい

というように、
ご自分を見て構って欲しいという願望をお持ちでした。
こういうタイプの方、世の中に少なくないと思います。

心理学的には『他者承認欲求』と言いますが、
他者承認欲求が強いと、どうしても人生が生きづらくなります。

他者承認欲求とは?

書いて字のごとく、
自分以外の第三者に認めてもらいたい!
という欲求が強いことを言いますが、

しかし、
他者承認欲求は満たされる時もあれば、
満たされない時もありますよね。

誰かに褒めてもらう・かまってもらうことを望んでも
期待した結果が必ず得られるとは限りません。

どんなに愛おしい我が子でも、
四六時中構ってられないように、

どんなに愛し合っているカップル、仲の良い親友でも、
ずっと相手を構い続けることはないです。

無理な願いを相手に求めてはいけません。

自分で自分を認めてあげる~自己承認

けっして手に入らない絵にかいた餅を求めるのではなく、
自分で自分を認め満足できれば、心の平安はやって来ます。

心理学的にはこれを『自己承認』と言います。

これから幸せになりたいのなら、
他人から承認を得られず寂しい思いを持ち続けるより、
『他人に認められなくても自分が認めてあげる』
という心持とを目指すべきです。

ただし・・・
自分で自分を認めてあげましょう!と言っても、
はい、そうですか。と簡単にチェンジできるものではありません。

目の前の大きな壁にぶち当たって
自力で乗り越えた先に到達できるか、

あるいは、

一つのテクニックとして
小さなことでも自分を褒めてあげる
という行動を繰り返すか、

どちらかだと思います。

正直、
他者承認欲求を克服し自己承認できるようになるのは
簡単なことではないと思います。

次に続きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする