困難に対処する苦痛を受け入れる~愛と心理療法1

8月26日(土)バンコク対面手相鑑定募集中です!

日本では1987年に発行された古い本。
でもすごく良いのでご紹介します。

人生とは困難なものである。

一旦この真実を理解して本当に引き受けるならば
人生はもはや困難なものではなくなる。

アメリカの臨床心理家、M・スコット・ペックの著書
『愛と心理療法』の一説。

私が20代だったころなら、
彼の言っていることは理解できなかったはずだけど、
今ならよーく理解できます。

はい。人生は困難なモノなんですよね~~~。

問題に対処することから生じる
当然の苦痛を避けることは
問題が要請する成長をも避けることになる。

20代までの私はゆるゆると、
できたらすべての悩みから解放され
楽しくお気楽な人生を送りたいと考えていました。

どうやったら悩まず楽に生きていけるんだろう?
ってことを、ボンヤリ考えていましたね。

成長する努力はせずに、
幸せな状況だけを求めていました。

当時は何で私はこんなに不幸なんだろう???
って被害者意識も多少ありました。

問題から逃げて逃げて、
問題を引き延ばしにして、
それで苦しんでいたと今なら分かるんですが・・・。

どうせなら、しっかり問題を受け止め、
乗り越える努力をした方が自分のためになるのにね。

でも当時は視野が狭すぎて分からず。

それでも人生を生きていると、
逃げるに逃げられない問題に出くわすことも多く、
最初は仕方なしに対処していくうち、
どんどんスキルが上がってきて、

以前は「自分には無理!」って思っていたことが
軽々と乗り越えられるようになってました。

この世を去る前に気づけ、
本当にラッキーでした。

問題に直面している時は、
問題から逃げる方が楽に思えるけれど、
実際は解決しちゃった方が楽だって分かって、

少しは私も、精神的に成長したのかもしれませんね。

愛と心理療法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする