与えられた環境でどう生きるか~『嫌われる勇気』ありますか?

人間はみな平等という言葉があるけれど、
実際に人生を生きてみて、
生まれながらの格差はある、みな等しくはないな~
と気づく事は多々ありました。

私より恵まれた環境の人もいれば
逆に私より大変厳しい状況の人もいました。

私自身、日本で生まれ育ち親兄弟は健在で、
海外で結婚し子宝にも恵まれ、
生活できるだけの最低限度の収入は手に入れているので
不幸ではないと思いますが、

以前、自宅が被災した時は、
「可愛そうな人」扱いして頂きました。
被災しても本人は、悲惨な気分ではなかったのですが。

もちろん、私より美人でスタイルが良く
親も金持ちで良い学校を卒業し、
人から認められるお仕事に就き、
ハンサムでお金持ちのご主人と将来有望なお子様を持つような
素敵すぎる人たちも結構な数いるのは分かっています。

でも・・・。

大切なのはなにが与えられているかではなく、
与えられたものをどう使うかである

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

とアドラー心理学も説いています。

もともと私は、
他人と比べるより自分の中で納得できるかどうかが大切だったので
アドラー心理学をスンナリと受け入れることができました。

いつまでもお美しい吉永小百合さんと自分を比べても、
幸せになることはないですからね(笑)

宿命は変えられないけれど、運命は変えられる

鼻が低いとか足が短いとか、
自分の欠点を数えて嘆くよりも、
いま自分が手にしている中で、
いかに良い人生を進んでいくか?

それが良い人生を作っていくための
良き考え方なんじゃないでしょうか?

幸せそうなこと書いる私ですが、
たぶん傍から見たら、それほど幸せそうには見えないかも(;^_^A
家はボロいしお金持ちとは程遠い生活しているし・・・。

要は自分基準で物事を見れば
今より幸せそうな人は増えるんじゃないかなーと。

与えられた環境でどう生きるか?
じっくり考えてみるのに役立つ
アドラー心理学の入門書。
ぜひ一度、読んでみてくださいね
↓ ↓ ↓
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする