夢を諦めること

故スティーブン・ジョブズが伝説のスピーチで、

「自分が何をしたいのか、
人生の早い段階でみつけることができて、
ラッキーだった」

と語ってましたが、

何かをスタートさせるとき、年齢は大きいなーと思うのです。

40代半ばの私が、
「これから世界に通用するフィギアスケーターになる!」
って夢を掲げても無理ですからね。
氷上でジャンプしたら即、腰に痛みが走りそうだし(^_^;)

たとえば40代半ばの私の夢を
「これから勉強して看護師さん!」に設定したとします。
もしかしたら頑張れば看護師学校に合格して
その後資格も取得できるかもしれませんが、

さて、看護師と言うハードワークに対応できるのか?

そもそも資格を取ってもプラス、経験は重要なわけで、
18歳からスタートして経験を積んだ50歳と
45歳からスタートして経験を積んだ50歳と
どちらを雇用者側は選ぶか???って事になって
せっかく頑張って資格を取ったのに、
採用されない・重要な仕事を任せてもらえない、
という問題が出て来る可能性は少なくないはずです。

経済的に余裕があって周りに迷惑を掛けないのなら
難しいことにもチャレンジすればいいんでしょうが、

あいにく私は働かねば食べていけない身ですし、
主婦として家庭を取り仕切らなくてはいけないので、
看護師になるための勉強をする余裕はないのです。

そんな感じで、ある程度年齢を重ねると、

諦める事

が大切なテーマになります。

90歳でも英会話を習うのは素晴らしい事ですが、
90歳で英会話を習って国際会議の通訳を目指す!
というのは大変難しいはずです。(広告塔にでもならない限り)

カーネル・サンダースは若い頃からずっとビジネスを考え続け
62歳でケンタッキー・フライド・チキンをフランチャイズ化。

本田宗一郎も39歳で本田技術研究所 を立ち上げる前から、
ずっと車作りに携わっていました。

52歳で歌手メジャーデビューしたスキャットマン・ジョンも
もともと音楽活動はされていたわけですし、

ある程度の年齢の人が、
これまで経験してこなかった分野に参入して、
そこで成功したい!という夢を持つことは、
かなり厳しいかなーと思うわけです。

いくつになってもチャレンジできる
というのは本当だけど、

ただし、ある程度年齢を重ねているなら、
チャレンジから得られる結果を

大きく見積もり過ぎてはいけません。

ここで私の本当の体験談を。

当時35歳だった私がいったん、
小説家になる夢を諦めたのは、
自営業の夫のビジネスがダメになって
自分の夢を追いかける経済的ゆとりがなくなったから。

それまで専業主婦しながら
3時間睡眠で小説を書いていました。

経済的窮地に追い込まれ、
1つだけ選べるとしたら、一番大切なのは何?
という自分への問いかけに、
「それは家族を守ること」
という答えを出した時点で、

小説を書く時間をゼロにし、
再就職活動をスタートさせました。

私が小説を書きだしたのは31歳の時。
すでに上の子を出産した後でした。

生まれて初めて強く、やりたい事が見つかって、
それにチャレンジでき、本当に幸せでした。

でも、

自分のことだけを考えてはいられない状況で、
切ない気持ちを引きずりつつ諦めました。

結婚前から小説家を目指していれば良かったなーと
後悔先に立たず、な事を考えたこともありました。

もしも明日、
目を覚ましたら三途の川を渡るところで、
ああ、自分は死んだんだなーと理解したとしたら、
「もっと小説を書きたかった」
という後悔は出てくるでしょうね。

でも、
家族を捨てて小説書くことを選んでいたら
もっと大きく後悔するだろうと思います。

できることならば子供たちが巣立ち、
経済的負担が減った後に、
もう一度小説書きを再開したいものです。

その時は、
自分のために小説を書くのでしょう。
決して「小説家先生になってお金を稼ぐ!」とは考えないです。

♪お知らせ♪

◆メールでの手相カウンセリングは随時ご利用いただけます。
◆対面手相カウンセリングは毎週土曜日バンコクで毎週お一人限定。

詳細
メール鑑定お申込み
バンコク対面手相鑑定お申込み

スポンサーリンク

シェアする