不幸なままの私という楽な道~『嫌われる勇気』ありますか?

前回は、アドラー心理学の基本的考えである
トラウマに支配されない生き方」について書きました。

過去のトラウマが今の問題の原因なら、
今後ずっと問題を抱え不幸なままになっちゃうよね?
っていうお話。

今回は
『幸せになる勇気』というお話。

「△△だったら○○なのに」という可能性に生きたり、
「AだからBできない」と理由づけしているうちは、
いまの状況から抜け出すことはできない、
つまり、不幸な状況から幸せにはなれません。

たとえば、
「親が悪いから社会に溶け込めず引き籠っている」とかですね。

それって「可愛そうな自分になった理由」を作り出し、
自分以外の事象に責任をなすりつけているだけ
・・・なんですが(;^_^A

自分が不幸なのは××のせいなんだ!

と悪状況を嘆いているようにも見えますが、
それをアドラー心理学的にみると、

「引き籠りたいから社会や両親を言い訳に使っている」
と解釈します。

ちょっと待って!
好きで引き籠りたい人なんていないんじゃない?
って声が聞こえてきそうですが・・・、

いろいろ不満はあったとしても
「このままのわたし」でいることのほうが
楽であり、安心なのです。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

と本書『嫌われる勇気』では表現されています。

私もふくめ、人間って弱い生き物。
なかなか自分の弱さを受け入れられず、
自分の状況を楽観的に見すぎたり、
逆に必要以上に自己否定してみたり。

本当の自分に向き合うことから
無意識に逃げる人って少なくないのでは?

本当の自分の姿を目の当たりにして、
その弱さを思い知らされたり、
変わる努力をするよりも、

自己憐憫にひたって
悲劇のヒロイン/ヒーローになっている方が、
楽~~~!

ってことでしょうか(;^_^A

本書の言葉をまた拝借するならば、

「幸せになる勇気」が足りていない

という事ですね。

おお、勇気!勇気ですよ!!!

幸せって棚から牡丹餅のように
天から降って来るものじゃありません。
自分で幸せになると決め、
勇気をもって行動しない限り
幸せはやってこない、、、のです。

手相師の私はいろんな人の悩み事を伺って、
アドラー心理学が理解できるようになりました。

ご本人さんが不幸のままで満足ならそれでいいんですが、
その事でご自分の大切な人までも不幸にしているのなら、

それは本当に罪深いことだと思います。
変わりたいけど変われない人は
どうぞ本書を読んでみてください。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

♪お知らせ♪

◆メールでの手相カウンセリングは随時ご利用いただけます。
◆対面手相カウンセリングは毎週土曜日バンコクで毎週お一人限定。

詳細
メール鑑定お申込み
バンコク対面手相鑑定お申込み

スポンサーリンク

シェアする